乾が今季初アシスト記録!エイバルの3試合ぶり勝利に貢献

・乾が決勝点をアシスト
現地時間15日、リーガエスパニョーラ第4節が行われ、日本代表の乾貴士が所属するエイバルはホームでレガネスと対戦した。

直近2試合でいずれも得点を奪えず敗戦を喫していたエイバルは、この日も例によってなかなか良い形でチャンスを作り出すことができない。しかし、スコアレスで迎えた52分、アレハンドロ・ガルベスがセンターサークル付近でボールを奪取すると、左に開いていた乾へパス。このパスを受けた乾がペナルティエリア内に走り込んでいたガルベスの頭めがけてピンポイントクロス。ガルベスが難なくヘディングシュートを叩きこんで、エイバルが先制ゴールを奪った。

千載一遇のチャンスをしっかりものにしたエイバルが、この虎の子の1得点を最後まで守り切って1-0でレガネスを退け、3試合ぶりの勝ち点3を獲得した。決勝点を演出した乾に対して、各メディアはこぞって高評価を与えている。
特に、スペイン紙「アス」は乾に対してチーム単独最高評価となる「3」を付けるとともにこのように絶賛している。

「自身のポテンシャルを存分に発揮したイヌイ。ガルベスへ狙いすましたピンポイントクロスを供給した。ガルベスはゴールに流し込むだけだった。」

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・「最も理想的な形でのゴールだ」
また、指揮官ホセ・ルイス・メンディリバルは今日の得点シーンについて非常にご満悦の様子だ。「わたしたちの典型的なシチュエーションで得点できた。ボールを奪ってサイドへ展開し、中へクロスを入れる。エイバルにとってとても自然な形でゴールを奪った。わたしたちは、今日のようなプレーを継続していかなければならない。その手段として、両サイドにはスピードのあるウィンガーを、そして最前線にはすべてのボールに競えるようなセンターフォワードを二枚置いているからね。」と語っている。

第5節はミッドウィークに開催されるリーガエスパニョーラ。エイバルは19日にアウェーでメッシやスアレス擁するバルセロナと対戦するが、前回の対戦で2ゴールを決めた乾にとっては昨シーズンの良い思い出、手ごたえがまだイメージとして残っているに違いない。

エイバルは当然ながらアウトサイダーとなるが、乾自身には一切苦手意識がないのではないだろうか。バルセロナ相手の今シーズン初ゴールを期待しよう。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑