中島がついにプレミア参戦か…ウルブズが獲得間近に迫る!

25億円で冬にウルブズ加入?

中島翔哉日本代表の新10番がいよいよイングランド参戦か…。

現地時間5日、イギリスメディア『デイリー・ミラー』などが、プレミアリーグのウォルバーハンプトンがポルトガルのポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉の獲得に本腰を入れ始めたことを一斉に報じた。

中島翔哉は、現在ポルトガルリーグ11位のポルティモネンセでリーグ戦11試合中10試合で先発出場し、既に5得点をマークしている。

日本代表でも、堂安律(フローニンゲン)、南野拓実(レッドブル・ザルツブルク)等と共に「NMD」と称される新しいトリオを形成して注目されている。

日本代表対ベネズエラ代表試合結果

かねてからプレミアリーグでのプレーを熱望していた中島に、今回白羽の矢を立てたのがプレミアリーグ12位のウォルバーハンプトンだ。

ウォルバーハンプトンは、中島獲得に向けて1780万ポンド(約25億円)を準備しており、その交渉は既に最終段階に突入しているんだとか…。

3トップの一角でプレーか

ウォルバーハンプトンの今シーズンの基本システムは3-4-3だが、左サイドを主戦場とする中島翔哉が入った場合、3トップの一角、もしくは中盤で抜擢される可能性が高い。

また、ウォルバーハンプトンといえばU-21スペイン代表のFWアダマ・トラオレや、ポルトガル代表MFジョアン・モウチーニョといったタレントも在籍しており、中島にとってレベルアップになることは間違いない。

また、かねてからポルトガルリーグを注視する傾向にあるウォルバーハンプトンということも、今回の移籍話には現実味がある。

さらに、ポルトガルメディア「ア・ボラ」も中島についてこのように報じている。

「ショウヤナカジマが2000万ユーロ(約26億円)でウルブスに売却へ。交渉は最終段階に入っており、いつ終結してもおかしくない段階にある」

日本代表の10番として、アジアカップ2019に参戦することが濃厚な中島。冬のマーケットでプレミアリーグ参戦はなるだろうか…?今後の去就に注目が集まる。

アジアカップで香川や乾の招集も?キルギス戦で見えた課題 

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑