ロナウドは本当にレアルを退団するのか?実はCL決勝前から決断していた?

・突如急浮上したロナウド退団説
ポルトガル代表でレアル・マドリード所属のクリスチアーノ・ロナウドが、マドリード検察から約18億円に相当する1470万ユーロの脱税容疑をかけられている。この報道にクリスチアーノ・ロナウドは憤慨している様子で、自国メディアでは「彼は既にマドリードを離れたがっている」と報じられている。
チャンピオンズリーグの連続制覇を達成したばかりのスーパースターの去就問題に、今世界各国のメディアが注目している。

ポルトガル紙「ア・ボラ」を皮切りに、国内各誌がロナウドのレアル退団論調が優勢であることを次々に示唆しているのだ。同じくポルトガル紙の「レコード」に至っては、「代表活動終了後、クリスチアーノ・ロナウドがレアル・マドリードへ戻ることはありえない」ときっぱり言い切っており、ポルトガル代表として参加しているコンフェデレーションズカップが終了してもチームに合流することはないと強調している。

またスペイン各誌でもロナウドのレアル退団説が主張されており、「アス」は「クリスチアーノ・ロナウドはチャンピオンズリーグ決勝戦の前に、すでにマドリードを離れることを決心していた」と大々的に報じているのだ。加えて、ロナウド自身これまで代理人のジョルジュ・メンデス氏やその関係者等にチームに対しての不満を漏らしていたんだとか。

これに対抗するのはスペイン紙「ABC」。ABCは、「クリスチアーノ・ロナウドがレアルマドリードを退団したいと言うはずがない」とレポート。退団の意志そのものを否定しており、このポルトガルのスーパースターの去就問題に関する報道は各メディアで大きく伝え方が異なっている。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・レアルびいきのマルカも退団説に同調
ちなみに、「レアルびいき」でお馴染みのスペイン紙「マルカ」はどのように伝えているだろうか。
マルカでさえ、「ロナウドに関するすべての話題は真実だ」と退団説に同調する姿勢を示した上で「ロナウドはすでに退団を決意しているが、サンチャゴ・ベルナベウの人々は、なんとかこのポルトガルのスターの機嫌を戻そうと、彼がよりチームで過ごしやすくなるようにあらゆる工夫を施すことになるだろう」としている。

ロナウドをチームにとどめるために、これからフロレンティーノ・ペレス会長らの必死の慰留工作が始まるという訳だ。はたして、サッカー界のカリスマを巡る一連の退団説は、どのような形で結末を迎えるのだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Back to Top ↑