ロナウドはレアル残留?「報道はメディアのでっち上げだ」とペレス会長困惑

・ロナウド退団報道についてペレス氏が声明発表
連日クリスチアーノ・ロナウドのレアル・マドリード退団報道について世界各国のメディアが取り上げている中、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長がスペインラジオ局『オンダ・セロ』で現在の心境とロナウドの今後の去就の進展について言及したと伝えられている。

ことの始まりは、脱税疑惑でマドリード検察から起訴されたことでクリスチアーノ・ロナウドが不快感を抱いたことからだった。この一件を受けたロナウドは、既にペレス会長に退団の意思を表明しており、コンフェデレーションズカップ終了後マドリードに帰還することはないだろうと各メディアが報道していた。

しかし今回、そんな退団報道を一蹴する発言をしたのが、2021年まで会長職を続行することを決断したペレス会長だ。ペレス氏は、「現段階で唯一言えることは、クリスチアーノ・ロナウドはレアル・マドリードの選手だ」と主張。

ここ数日の世界各国の一連の報道に対してペレス氏は、「本当に馬鹿げたことこの上ない。私はどんなときでもクリスチアーノを選手として、いや人間として守ってきたつもりだ」と苛立ちをあらわにした。
加えて、「クリスチアーノは我々に対して憤慨しているのではない。メディアを含む、彼を取り巻く周囲の状況に対して苛立ちを覚えているのだろう」と自身の見解を示した。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・ロナウドと半月以上会っていない?
さらには、既にロナウド本人とペレス会長が会談を終えたという報道に対しても、「そもそも私はチャンピオンズリーグ決勝戦の後、一度もクリスチアーノと対面していない。メディアを通じてはじめてこの話を聞いた。」と飽きれながら話したそうだ。これら連日の退団報道は、あくまでメディアがでっちあげた作り話に過ぎないということなのだ。

現在クリスチアーノ・ロナウドは、ロシアで開催されているコンフェデレーションズカップにポルトガル代表として帯同しているが、ロナウド自身は「先のことはこの大会が終わってから話す。今はこの大会のことだけに集中したい」と語っている。コンフェデレーションズカップ終了後に、本人からなんらかの声明を聞くことができるだろう。

ロナウド退団説が浮上して以来、移籍先候補として古巣のマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、パリ・サンジェルマン、バイエルン・ミュンヘン、はたまた中国クラブ等あらゆるチームの名前が挙がっていたが、来シーズンこのポルトガルのスーパースターは果たしてどのチームで試合に出ているのだろうか…。本人が口を閉ざしている以上、この問題はベールに包まれたままだ。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑