ロナウドがCLで初の一発退場!ほろ苦い開幕戦に…

ロナウドがまさかの前半一発退場!

ロナウド7シーズン連続でのチャンピオンズリーグ得点王を目指すポルトガルの英雄にまさかの事態が起きた。

現地時間19日、UEFAチャンピオンズリーグ開幕戦でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを擁するユベントスは、敵地でバレンシアと対戦。

この試合クリスティアーノ・ロナウドは、前半29分というあまりにも早い時間帯に一発レッドカードを喰らった。

これが一発退場に相当するレベルの悪質なプレーであったかどうかという点で、試合終了後に物議をかもしている。
そんな中、試合後の記者会見でマッシミリアーノ・アッレグリ監督は今回の主審の判定に「ある角度から」異議を唱えているようだ。

ユベントスが左サイドから攻撃を仕掛けた時だった…。

ペナルティエリア内に走りこんだクリスティアーノ・ロナウドと、コロンビア代表DFのジェイソン・ムリージョがマッチアップ。
この際にムリージョがオーバーリアクション気味に転倒し、このプレーに対してロナウドが激高。倒れこんだムリージョの頭を手で軽く抑え込むようなアクションを見せた。

これに対してフェリックス・ブリッヒ主審は追加副審の言及に耳を傾けたうえで一発レッドカードを提示。
ロナウドにとって、これがチャンピオンズリーグ出場154試合目にして初めての退場処分となった。

アッレグリ「VAR導入はまだか?」

ユベントス専門のニュースサイト「トゥットユーベ・コム」のレポートによると、指揮官のマッシミリアーノ・アッレグリは今回の判定に対して試合後このように言及。

「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入されていれば、この判定に対して大きな助けになっただろうと言いたい。何より前半29分という段階であり、さらにはこの難しいゲームで、そこに存在しない退場処分で10人になってしまった。それは物事を複雑にしてしまった。しかし、選手たちはそれに反して2-0にするまで素晴らしいサッカーをした。その後は組織的に守り、何本か枠内シュートは許したが大きな問題にならなかった」

ロシアワールドカップでも使用されたビデオアシスタントレフェリーの導入を強く推奨しているアッレグリ。
今回の判定からチャンピオンズリーグでもビデオアシスタントレフェリーが早期導入される可能性が少なからず高まったのではないだろうか。

チャンピオンズリーグ2018・2019シーズン優勝チーム予想とオッズ

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑