ロナウドが2年連続バロンドール受賞!遂にメッシに並ぶ

NEW!
バロンドール優勝国予想のオッズ

ロナウドが5度目の受賞

現地時間7日、フランスサッカーメディア『フランス・フットボール』が、今年のバロンドールの受賞者を発表した。その報道によると、2017年度バロンドールにはポルトガル代表でレアル・マドリード所属のクリスティアーノ・ロナウドが選出された。ようだ

先日FIFA最優秀選手賞を受賞したばかりのクリスティアーノ・ロナウド。バロンドールも前評判通り手にすることとなった。アルゼンチン代表でバルセロナ所属のリオネル・メッシ、ブラジル代表でパリ・サンジェルマン所属のネイマールらを抑えての2冠達成。

これにより、バロンドールの通算受賞回数を「5」としたロナウドは、これまで単独トップだったメッシに並んで、受賞回数を歴代最多タイとした。

ロナウド擁するレアル・マドリードは、2017年チャンピオンズリーグを連覇し、2016年末にはFIFAクラブワールドカップを制覇。2016-17シーズンはリーガ・エスパニョーラも勝ち取った。
さらに、今シーズンに入ってからUEFAスーパーカップ、スーペルコパでも勝利し、2017年も数多くのタイトルを獲得している。そして、その中心にいるのがいつだって絶対的エースクリスティアーノ・ロナウドだった。

また、ポルトガル代表選手としてキャプテンマークを巻いて挑んだロナウドは、2018年ロシア・ワールドカップヨーロッパ予選でも安定の活躍でチームを本戦へと導いた。

尚、2017バロンドールの授賞式は2018年の年始に行われる予定となっている。
以下、最終ノミネート者30選手の順位。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

1位-クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
2位-リオネル・メッシ(バルセロナ)
3位-ネイマール(パリ・サンジェルマン)
4位-ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
5位-ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
6位-セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
7位-キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
8位-エンゴロ・カンテ(チェルシー)
9位-ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
10位-ハリー・ケイン(トッテナム)
11位-エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
12位-イスコ(レアル・マドリード)
13位-ルイス・スアレス(バルセロナ)
14位-ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
15位-パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
16位-マルセロ(レアル・マドリード)
17位-トニ・クロース(レアル・マドリード)
18位-アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
19位-エデン・アザール(チェルシー)
20位-ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
21位-ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
21位-レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
23位-サディオ・マネ(リヴァプール)
24位-ラダメル・ファルカオ(モナコ)
25位-カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
26位-ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)
27位-マッツ・フンメルス(バイエルン)
28位-エディン・ジェコ(ローマ)
29位-フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
29位-ドリース・メルテンス(ナポリ)

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑