ロシアW杯アフリカ第一号はナイジェリア!死の組を無敗で突破

・死の組をらくらく突破のナイジェリア
現地時間7日にロシアワールドカップアフリカ最終予選が行われ、ナイジェリア代表がグループB首位を確定させて本戦出場を決めた。アフリカ勢では第一号のワールドカップ出場決定国となり、同代表は南アフリカ大会、ブラジル大会に続く3大会連続6回目のワールドカップ出場となった。

予選を勝ち上がった20ヶ国が5つのグループに分かれて戦い、各組首位のチームのみにロシア行きのチケットが与えられるという非常に熾烈を極めるアフリカ予選。ナイジェリアは、2014年ブラジルワールドカップベスト16のアルジェリア、2012年アフリカネーションズカップ王者のザンビア、現アフリカ王者のカメルーンという強豪国と同居し、いわゆる「死のグループ」での戦いを余儀なくされた。

しかしながら、ナイジェリアはここまで無敗で勝ち点を積み上げてきた。昨日行われたザンビアとの一戦でも、アーセナル所属アレックス・イウォビの得点を守りきりウノゼロで勝利。ここまで4勝1分けと一度も勝ち点を落とすことなく、ロシアワールドカップへの出場権を手にした。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・黄金期を迎えたナイジェリア
ホスト国のロシア、南米のブラジル、アジアの日本や韓国、ヨーロッパのベルギーやドイツ、北中米カリブ海のメキシコ等に続いて12カ国目のワールドカップ出場国となったナイジェリアだが、2014年ブラジルワールドカップでは、リオネル・メッシ擁するアルゼンチン代表と対等に渡り合いベスト16へ勝ち進んだ。
また、同国の英雄ジョン・オビ・ミケルがオーバーエージで参加した昨年のリオデジャネイロオリンピックでも銅メダルを獲得する等、近年国際舞台で目覚ましい躍進を遂げている。

チームの心臓である天津泰達所属のジョン・オビ・ミケルを筆頭に、日本代表の岡崎慎司の同僚であるレスター・シティのケレチ・イヘアナチョやアーメド・ムサ、同じく日本代表の久保裕也の同省であるヘントのモーゼス・サイモン、アーセナル所属のアレックス・イウォビ、チェルシー所属のビクター・モーゼス等アフリカ屈指のタレントを多く抱えるナイジェリア代表は、2018年ロシアワールドカップでも旋風を巻き起こすかもしれない。

これまでアフリカ勢のワールドカップ最高成績はカメルーンのベスト8となっているが、黄金期を迎えたナイジェリアはこの記録を更新することができるだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • 2018ロシアワールドカップ

    ワールドカップの歴史

    ワールドカップスタジアム