ロシア対エジプト【予想とオッズ】

ロシア対エジプト
ロシア vs エジプト
3 – 1試合終了
ロシア対エジプト結果】サラー待望の先発復帰も…
6月20日・3:00(日本時間)
サンクトペテルブルク
グループA
次の試合 ►
ウルグアイウルグアイ vs ロシアロシア サウジアラビアサウジアラビア vs エジプトエジプト
ロシアロシア3-1エジプトエジプト ウルグアイウルグアイ1-0サウジアラビアサウジアラビア

グループA

チーム
ウルグアイ
ウルグアイ
300+59
ロシア
ロシア
201+46
サウジアラビア
サウジアラビア
102-50
エジプト
エジプト
003-10

ロシア代表メンバー一覧 エジプト代表メンバー一覧

オッズ確認の前に!マッチプレビューチェック!

ロシア代表グループAの第二節「ロシア×エジプト」。
このゲームの勝者は?

予想オッズ

bet365 ウィリアムヒル
1 引き分け 2 1 引き分け 2
2.10 3.30 4.00 2.10 3.20 3.70
最高の賭け この試合に賭ける

※(1がロシア、2がエジプト)

ホスト国ロシアとしては、第一戦のサウジアラビア戦の結果いかんで戦い方が大きく変わるであろう第二戦。(追記:ロシア初戦5-0勝利)

ホーム開催というプレッシャーが大きくのしかかるが故に、堅くなることで勝ち点を取りこぼしているというシチュエーションも十分に考えられる。

仮に勝ち点「1」または「無し」の状態でエジプト戦を迎えた場合、グループリーグ突破に向けて最も重要なのがこの第二戦ということになる。それ故、キックオフから死に物狂いでゲームに入ることだろう。

もちろん初戦でいきなり強豪ウルグアイと対峙するエジプトにとっても同じことがいえるが、モハメド・サラー(リバプール)という圧倒的な個の力を擁する彼らとしては、まだまだチャンスが大きい。
(追記:エジプト初戦0-1敗戦)

さて、プレースタイルは全く異なる両者だが、第一戦に続いてホームの大声援を受けるロシアが大きなアドバンテージを保有している。ホーム開催でグループステージ敗退という悲惨なシナリオを回避するためにも、是が非でも負けられない戦いだ。

高さのフィードル・スモロフ(クラスノダール)と、スピードのモハメド・サラーに注目。

(追記:ウルグアイ戦はベンチ入りするも負傷明け間もないということで出番のなかったサラー。エジプト戦は先発で出場する可能性が高い。ロシアは開幕戦2得点でマンオブザマッチとなったチリシェフに注目!)

そんな「ロシア対エジプト」の一戦は、日本時間20日3時キックオフ予定だ。

グループA

チーム
ウルグアイ
ウルグアイ
300+59
ロシア
ロシア
201+46
サウジアラビア
サウジアラビア
102-50
エジプト
エジプト
003-10

ロシア対エジプト2大ブックメーカーのオッズは…?

大手ブックメーカーサイトウィリアムヒル(William Hill)とベット365(bet365)での試合予想オッズは以下の通りとなっている。

開幕戦怒涛の5得点でサウジアラビアを一蹴したロシアがわずかながら優勢となっている。果たして勝利するのはどちらのチームになるだろうか…?

bet365 ウィリアムヒル
1 引き分け 2 1 引き分け 2
2.10 3.30 4.00 2.10 3.20 3.70
最高の賭け この試合に賭ける

※(1がロシア、2がエジプト)
(6月18日を更新しました)

ロシア代表メンバー一覧

▼ GK
イゴール・アキンフェエフ(CSKAモスクワ)
ウラジミール・ガブロフ(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
アンドレイ・ルニョフ(ゼニト)

▼ DF
ウラジミール・グラナト(ルビン・カザン)
ヒョードル・クドリャショフ(ルビン・カザン)
イリヤ・クテポフ(スパルタク・モスクワ)
セルゲイ・イグナシェビッチ(CSKAモスクワ)
アンドレイ・セミョノフ(テレク・グロズヌイ)
イゴール・スモルニコフ(ゼニト)
マリオ・フェルナンデス(CSKAモスクワ)

▼ MF
ユーリ・ガジンスキ(FCクラスノダール)
アラン・ジャゴエフ(CSKAモスクワ)
アレクサンドル・エロヒン(ゼニト)
ユーリ・ジルコフ(ゼニト)
ロマン・ゾブニン(スパルタク・モスクワ)
アレクサンドル・ゴロヴィン(CSKAモスクワ)
ダレル・クズヤエフ(ゼニト)
アントン・ミランチュク(ロコモティフ・モスクワ)
アレクサンドル・サメドフ(スパルタク・モスクワ)
デニス・チェリシェフ(ビジャレアル/スペイン)

▼ FW
アルテム・ジュバ(アルセナル・トゥーラ)
アレクセイ・ミランチュク(ロコモティフ・モスクワ)
フョードル・スモロフ(FCクラスノダール)

ブックメーカーのオッズは…?

エジプト代表メンバー一覧

▼ GK
1 エッサム・エル・ハダリ(アル・ターウン/サウジアラビア)
16 シェリフ・エクラミー(アル・アハリ)
23 モハメド・エル・シェナウィ(アル・アハリ)

▼ DF
2 アリ・ガブル(ウェスト・ブロムウィッチ/イングランド)
3 アーメド・エルモハマディ(アストン・ヴィラ/イングランド)
6 アーメド・ヘガジ(ウェスト・ブロムウィッチ/イングランド)
7 アーメド・ファティ(アル・アハリ)
12 アイマン・アシュラフ(アル・アハリ)
13 モハメド・アブデル・シャフィ(アル・ファテフ/サウジアラビア)
15 マフムード・ハムディ(ザマレク)
4 オマル・ガベル(ロサンゼルスFC/アメリカ)
20 サード・サミル(アル・アハリ)

▼ MF
8 タレク・ハメド(ザマレク)
11 モハメド・アブデル・モネーム・”カハラバ”(アル・イテハド/サウジアラビア)
14 ラマダン・ソブヒ(ストーク/イングランド)
17 モハメド・エルネニー(アーセナル/イングランド)
5 サム・モーシー(ウィガン/イングランド)
18 モハメド・アブデル・ラザク(アル・ラエド)
19 アブダラー・サイード(KuPS/フィンランド)
21 マフムード・ハッサン(カスムパシャ/トルコ)
22 アムル・ワルダ(アトロミトス/ギリシャ)

▼ FW
9 マルワン・モフセン(アル・アハリ)
10 モハメド・サラー(リヴァプール/イングランド)

ブックメーカーのオッズは…?


Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑