ロイス、ゲッツェが間もなく復帰か

・ロイス、ゲッツェが復帰間近
現地時間28日付のドイツ紙『ルール・ナーハリヒテン』は、現在負傷中のドイツ代表コンビボルシア・ドルトムント所属のマルコ・ロイス、マリオ・ゲッツェが順調に回復していることを伝えた。

負傷と常に隣り合わせのマルコ・ロイスは、今年5月に行われたDFBポカールの決勝戦アイントラハト・フランクフルト戦で右膝十字靭帯を断裂する大けがを負った。診断の結果、全治8か月であることが判明し、今シーズンの序盤は完全に棒に振っていた。

だが、11月のはじめあたりからランニングを開始しており、復帰に向けて着実に前進しつつあるマルコ・ロイス。28日には自身のインスタグラムアカウントで、ドバイで自主トレーニングに励んでいる姿をアップした。

「少しずつ」というコメントともにアップされたムービーは、ボールを使ってシュートやドリブルに取り組むといった内容のもので、順調な回復ぶりがうかがえる。

一方、11月終盤のブンデスリーガ第13節シャルケとのルールダービーで右足首を損傷していたマリオ・ゲッツェも25日にインスタグラムを更新。
休暇中に軽くテニスをプレーしている姿を公開し、こちらも負傷から着実に回復に向かっていることをアピールした。

ボルシア・ドルトムントは、1月3日からスペイン南部のマルベーリャで10日間ほどのトレーニングを行った後、14日にブンデスリーガ第18節ヴォルフスブルク戦を迎える。

・香川は引き続きポジションを堅持できるか
『ルール・ナーハリヒテン』によれば、マリオ・ゲッツェ、マルコ・ロイスはこのマルベーリャの合宿に帯同する予定なのだそうだ。
両選手の復帰は、シーズン後半戦からの巻き返しを狙うドルトムントにとってこの上ない追い風となる。

ロイス、ゲッツェの他にも、ドルトムントはマクシミリアン・フィリップス、ゴンサーロ・カストロといった中盤の選手が負傷中だが、彼らが戻ってくるまでに日本代表MF香川真司は現在得ている定位置を確固たるものにしておきたいところだ。

チャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦、DFBポカールのバイエルン・ミュンヘン戦でアシストをマークしたり、リーグ戦でも得点を奪うなど好調の香川だが、引き続きシュテーガーの元でポジションを堅持することができるだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑