レヴァンドフスキ争奪戦にチェルシー、PSGも参戦か?

トゥヘルもレヴァンドフスキ獲得に名乗り?

レヴァンドフスキかねてから移籍の噂が絶えないバイエルン・ミュンヘンに所属するFWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)。各国リーグの複数のメガクラブが、相も変わらずこのポーランド人を追いかけ続けている。

現地時間23日付のドイツメディア『Kicker』の報道によると、シーズン中から関心を示していたマンチェスター・ユナイテッドに加えて、同じプレミアリーグのライバルチームであるチェルシーもレヴァンドフスキ争奪戦に加わろうとしているようだ。

トゥヘルさらに、先日トーマス・トゥヘルが新指揮官となったばかりのリーグアン王者パリ・サンジェルマンも、このポーランド代表エースの獲得に本腰を入れようとしている模様。

しかしながら当のレヴァンドフスキは、バイエルン・ミュンヘンとの契約を2021年まで残しており、チーム側も契約満期を迎える前にエースストライカーを放出する気は毛頭ないようなのだ。

バイエルン会長のウリ・-ヘネスは、「私たちはサッカー界に対して、選手よりもチーム側の方が立場上上であることをはっきりとさせたい」と宣言。
レヴァンドフスキ本人は新天地への移籍を希望しているが、このバイエルンの絶対的なチーム方針が足かせとなり、なかなか交渉は難航しているようだ。

PSG移籍なら大型玉突き移籍勃発も…?

さて、昨シーズンの開幕前から移籍の噂が取りざたされてきたレヴァンドフスキ。果たして来シーズンはどの色のユニフォームをまとってプレーすることになるのだろうか。この移籍話はおそらくロシアワールドカップ終了後に大きな進展を見せるだろう。

レバンドフスキ

ジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドで新エースとなるのか、アントニオ・コンテの元チェルシーで王座奪還に死力を尽くすのか、はたまた自らをよく知る知将トーマス・トゥヘルの元パリ・サンジェルマンで、移籍が濃厚なネイマールの穴を補填するのか。

仮にパリ・サンジェルマンへ移る場合、センターフォワードでポジションが被るエディンソン・カバーニウルグアイ代表)の大型玉突き移籍が起こる可能性も…?

エディンソン・カバーニ

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑