レバンドフスキの心はレアルではなくあのチームにあり…?

レバンドフスキが希望する移籍先はレアルではない?

レバンドフスキかねてから欧州王者レアル・マドリードへの移籍が噂されているバイエルン・ミュンヘン所属のロベルト・レバンドフスキ(ポーランド代表)。

しかしながら、現地時間19日のドイツメディア『Kicker』の報道によると、バイエルン・ミュンヘン側にレバンドフスキの放出の意志はこれっぽっちも無いようだ。

ことのはじまりは、スペインメディア『ムンド・デポルティーボ』が「ロベルト・レバンドフスキがレアル・マドリードと二年契約を結んだ。」と報道したことからだ。
ここから、このポーランドのスターが白い巨人の一員となることが確定的となったという見方が一気に強まった。

しかしながら、昨日のドイツメディア『Kicker』の報道によれば、「ムンド・デポルティーボの報道は正しくない」とのこと。
同メディアは、そもそもレバンドフスキ自身が最も関心を示しているチームはレアル・マドリードではなくマンチェスター・ユナイテッドであるということを伝えているのだ。

そうしたことに加えて、バイエルン・ミュンヘン側にもエースストライカーのレバンドフスキを放出する意思がないということも併せて伝えられている。

獲得には1億ユーロ+多額な違約金が必要

レバンドフスキとバイエルン・ミュンヘンの間には、2021年まで契約が残っており、推定市場価格の移籍金1億ユーロ(約131億円)に加えて、高額な違約金を用意しなければ他クラブがレバンドフスキを獲得することは不可能とされている。

レアル・マドリードを含めて、レバンドフスキ自身が移籍を希望しているとされるマンチェスター・ユナイテッド、さらには多額な資金力を有するパリ・サンジェルマンといったビッグクラブでも、このポーランド代表エースの獲得は経済的に非常に困難なものであるはずだ。

そんなレバンドフスキは、これまでブンデスリーガ通算121試合に出場し、既に100ゴールをマークしている。今や世界指折りのゴールハンターとなったレバンドフスキだが、果たしてワールドカップ終了後にどの色のユニフォームを纏ってピッチに立っているだろうか。今後の去就に目が離せない。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑