レアル対PSG試合結果 試合を決めたのはやはりあの男

大一番で頼れるエースが大暴れのレアル

ロナウド 100ゴール現地時間14日、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ファーストレグの最大の注目マッチ、前回王者レアル・マドリードVSパリ・サンジェルマンが行われた。

レアル・マドリードが本拠地カンプ・ノウにパリ・サンジェルマンを迎えての第一戦。指揮官ジネディーヌ・ジダンは、この大一番にポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド、元フランス代表のカリム・ベンゼマ、クロアチア代表ルカ・モドリッチ等ベストメンバーを起用。

ウェールズ代表ギャレス・ベイルはベンチスタートとなり、代わってスペイン代表イスコがウィングに抜擢された。

対するアウェーのパリ・サンジェルマンは、ウルグアイ代表エディンソン・カバーニ、ブラジル代表ネイマール、フランス代表キリアン・ムバッペの「MCNトリオ」が揃って先発で登場。

試合の均衡を最初に破ったのは、そのパリ・サンジェルマンだった。ペナルティエリア内でネイマールがヒールでボールを落とすと、これにフランス代表アドリアン・ラビオがダイレクトで合わせて、パリがあまりにも貴重過ぎるアウェーゴールによる先取点を奪取した。

しかし、王者レアル・マドリードも黙ってはいない。前半アディショナルタイム突入間際、ドイツ代表トニ・クロースがペナルティエリア内でファールを受け、レアル・マドリードにペナルティキックのチャンスが与えられる。

これを、エースのクリスティアーノ・ロナウドが確実にモノにして、すかさず同点に追いついたレアル。この得点により、ロナウドはレアルでチャンピオンズリーグ通算100ゴールを達成した。

頼れるエースの一発で完全に勢いに乗ったレアル・マドリードは、後半にクリスティアーノ・ロナウドが「膝」で逆転ゴールをマーク。さらには85分に左サイドをかけあがったマルセロが途中出場のマルコ・アセンシオのリターンをダイレクトでゴールに沈め、2点差とした。

試合はこのままタイムアップ。結果、ホームのレアル・マドリードが3-1でパリ・サンジェルマンを退けた。セカンドレグは、現地時間3月6日にパリ・サンジェルマンのホームスタジアムで行われる。

3失点したとはいえ貴重なアウェーゴールを奪取したパリ。セカンドレグを2-0で勝利すればトータルスコアで突破することができる。パリサポーターはまだ誰一人として諦めていないことだろう…。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑