レアル・マドリード対ユベントス結果【ICC】

CL王者VSセリエA王者

マルコ・アセンシオ現地時間4日、インターナショナル・チャンピオンズ・カップが行われ、UEFAチャンピオンズリーグ覇者のレアル・マドリードとセリエA王者のユベントスが激突した。

先月末にマンチェスター・ユナイテッドとの初戦に敗れたレアル・マドリードは、元フランス代表カリム・ベンゼマ、ウェールズ代表ギャレス・ベイル、ドイツ代表トニ・クロース、スペイン代表イスコ等が先発に登場。

対するユベントスは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表ミラレム・ピャニッチをはじめ、元イタリア代表クラウディオ・マルキージオにジョルジ・キエッリーニ、モロッコ代表メフディ・ベナティア、ドイツ代表サミー・ケディラ等が先発に名を連ねた。

今夏レアル・マドリードからユベントスへ加入したポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドはメンバー外。

アウトサイダーと目されていたユベントスが、最初に試合を動かす。左サイドからジョアン・カンセロがダイレクトでクロスを入れると、これがレアル・マドリードDFダニエル・カルバハルのオウンゴールを誘って幸先良く先制に成功。

しかしながら、レアル・マドリードは38分にペナルティエリア外からギャレス・ベイルが強烈な左足シュートを叩き込んで試合を振り出しに戻した。

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

後半に入ると、そのギャレス・ベイルやカリム・ベンゼマ等を下げて、ルーカス・バスケス、マルコ・アセンシオ、新加入のビニシウス・ジュニオール等を投入するロペテギ。

すると、後半立ち上がり早々にビニシウスからのアシストをマルコ・アセンシオが冷静に決めて試合をひっくり返した。

勢いに乗ったレアル・マドリードは、後半11分にもマルコ・アセンシオが左足シュートを突き刺してダメ押しゴールをマーク。

試合はこのままタイムアップとなり、結果レアル・マドリードが3-1でユベントスを下した。途中出場から2ゴールをマークしたマルコ・アセンシオは、新監督フレン・ロペテギにこれ以上ないアピールに成功した。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑