レアルが先勝!伝統のマドリードダービーはくっきり明暗が分かれる結果に…

4年連続となったCLマドリードダービー

CLマドリードダービー-3-05-2017「マドリード・ダービー」となったチャンピオンズリーグセミファイナルは、2日にファーストレグが行われ、ホームのレアル・マドリードが3-0でアトレティコ・マドリードを退けました。この結果により、レアルマドリードが2年連続のファイナル進出に大きく近づきました。

かれこれ4年連続で実現しているチャンピオンズリーグ決勝トーナメントでのマドリードダービーなので、もはやお馴染みの対戦になりつつありますが、3シーズン前の決勝、一昨シーズンの準々決勝、昨シーズンの決勝といずれもレアルマドリードが勝利を収めています。そして今回もまた、レアルマドリードが勝利をものにする確率が高くなりました。

さて、この試合は試合開始10分で動きます。ロナウドが難しいクロスをヘディングで捉え、1-0。さらに73分には右足で強烈なシュートをゴールに突き刺して2-0。86分には素早いカウンターからルーカス・バスケスの折り返しを三度ロナウドが押し込んで3-0。結果、ロナウドのハットトリックでアトレティコを粉砕する形になりました。

とくに2点目のシュートを秀逸でした。浮き球だったこともあり、枠の上にふかすかな?と思いきや、上手くパワーを抑えた鋭いシュートがオブラクの頭の上を突き抜けました。これぞ真骨頂といわんばかりのスーパーゴールでしたが、この2点目がゲーム全体の流れをいっきに引き寄せるきっかけになった大きなゴールだったように思います。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

大一番でハットトリックを決めたロナウド
ダービーマッチでハットトリックを決めたロナウドは、試合後このように語っています。
「チームとして完璧な試合をした。我々はキックオフからタイムアップの瞬間まで常に良いプレーを持続させた。一点目のあとは停滞してしまったものの、最後はチャンスをものにしてこの上ないアドバンテージを得ることに成功した。が、まだ勝負は決していない。アトレティコは言うまでもなく偉大なチームだ。ファイナルへ勝ち進むためには、セカンドレグでもハードワークをしなければならない。」

第一戦で大勝したことで、慢心してしまい第二戦で足元をすくわれるといった試合はこれまでに幾度も見てきました。ただし、今年のレアルはリーグ戦を見ていても結束力と言いますか、ベンチ、スタッフを含めたチームワークが例年と一味違います。よほどのことがないかぎり、今回のレアルの決勝進出は手堅いかな?と思いますね。

他の記事を読む

Tags: , , , , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑