レアルが今季6敗目 深刻な得点不足は未だ改善されず?

監督交代で一時は盛り返したが…

セルヒオ・ラモス現地時間6日、ラ・リーガサンタンデール第18節が行われ、世界王者レアル・マドリードはレアル・ソシエダとサンチャゴ・ベルナベウで対戦した。

FIFAクラブワールドカップを制覇して帰還したレアル・マドリードだったが、前節はビジャレアル相手にまさかのドロー。

クラブワールドカップ決勝戦結果

今節は、若手のヴィニシウス・ジュニオールを先発に抜擢したほか、カリム・ベンゼマ、ルーカス・バスケス、ルカ・モドリッチ、セルヒオ・ラモス等ベストメンバーがスタメンで登場した。

対するレアル・ソシエダも、ベルギーのテクニシャンアドナン・ヤヌザイをはじめ、10番ミケル・オイアルザバル、元レアル・マドリードのアシエル・イジャラメンディ等ベストメンバーが先発に名を連ねた。

ソラーリ率いるレアル・マドリードは、今節も苦しい戦いを余儀なくされる…。

2分、カゼミーロがいきなりペナルティエリア内でファールを犯してしまい、レアル・ソシエダにペナルティキックが与えられる。

これをブラジル人ストライカーのウィリアン・ホセに確実に決められて、早々にビハインド。

その後、カリム・ベンゼマ、ルカ・モドリッチ、ルーカス・バスケスが立て続けに際どいシュートを放つが、いずれもゴールに嫌われてしまう。

すると60分にルーカス・バスケスがこの日二度目の警告を受けてレッドカード退場。

これで追い込まれたレアル・マドリードは、終盤にレアル・ソシエダのルーベン・パルドにヘディングシュートをねじ込まれて万事休す…。

結果、圧倒的に分が悪いはずのレアル・ソシエダが2-0でレアル・マドリードを退けた。

ソラーリ就任直後はチームの立て直しに成功したかと思われたが、根本的な改善はまだまだ先のようだ…。

レアル・マドリードの次節のゲームをチェック!

深刻な得点不足に陥るそんなレアル・マドリードだが、次節は乾貴士所属のレアル・べティスと対戦する。

次節こそ2019年初勝利を飾ることはできるだろうか…?

尚、乾はアジアカップに追加招集されたため欠場が決定している。

ベッティングトップ10では、毎週世界各国の注目ゲームをピックアップしてオッズ記事を更新します!

オッズ

今すぐ登録

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑