ルーニーが13年過ごしたユナイテッドに別れ…エバートン移籍正式発表

・ルーニーがエバートン復帰
9日、マンチェスター・ユナイテッドは、イングランド代表でチームの顔だったウェイン・ルーニーを、エバートンへ売却することを正式発表した。13年間過ごしたクラブに、とうとう別れを告げるときがやってきたようだ。

発表によると、エバートンはマンチェスター・ユナイテッドからルーニーを2年契約で獲得したそうだ。また、イギリスメディア「BBC」曰く、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンに移籍金を一切要求することなく、さらにはルーニーの年俸の1300万ポンド(約19億円)の一部を肩代わりする意向らしい。

かつてはマイケル・オーウェンの後継者として、新ワンダーボーイとしてエバートンで大暴れしていたルーニー。2002年に、当時16歳という若さでトップチーム入りを果たす。その翌年には17歳でイングランド代表に選出され世界中で話題となった。
2004年に鳴物入りでマンチェスター・ユナイテッドに加入すると、同年9月に行われたチャンピオンズリーグのフェネルバフチェ戦でハットトリックをマークし、この上なく華々しいデビューを飾った。2005-06シーズンにはリーグカップを勝ち取り、その翌シーズンにはプレミアリーグを制覇した。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・背番号を10に変更後さらに覚醒
既にチームの中心選手となっていたルーニーは、07-08シーズンから背番号を18から10に変更。そのシーズンは、プレミアリーグとチャンピオンズリーグの2冠を達成し、翌年はクラブワールドカップ、プレミアリーグを制覇。
その後も数々のタイトルを獲得し、10-11シーズンにはマンチェスター・シティとのダービーマッチで伝説的なオーバーヘッドを決めた。

アレックス・ファーガソン監督のラストイヤーとなった12-13シーズンには新加入した日本代表の香川真司、オランダ代表のファン・ペルシーらとともにプレミアリーグを制覇。2014年以降はマンチェスター・ユナイテッド、イングランド代表でキャプテンを務めていた。

13年間でプレミアリーグを5度、リーグカップを3度、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、FAカップ、クラブワールドカップをそれぞれ1回ずつ制覇し、公式戦559試合に出場して253得点を記録。これは、マンチェスター・ユナイテッドの最多得点記録でもある。
レジェンドとして名前を刻んだルーニー、今後チームにこれまでのレベルの存在の選手が現れるのかわからない。来シーズンからは古巣の青いユニフォームに袖を通すルーニーの活躍を楽しみにしよう。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑