ユナイテッド対アーセナルは激しい点の取り合いに

インテンシティの高い試合を制したのは…?

ベジェリン現地時間5日、イングランド・プレミアリーグ第15節が行われ、オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが激突した。

ジョゼ・モウリーニョは、この大一番にロメル・ルカクではなくアントニー・マルシャル、マーカス・ラッシュフォードを抜擢。その他、ジェシー・リンガード、ディオゴ・ダロット等がスタメンに名を連ねた。

対するアーセナルは、エースで得点ランクトップのピエール・エメリク・オーバメヤンをはじめ、アレックス・イウォビ、アーロン・ラムジー、マッテオ・グエンドゥジ等が先発で登場。

ユナイテッド対アーセナル試合前プレビュー

先手を取ったのはアウェーのガナーズだった。
25分、ルーカス・トレイラが蹴ったコーナーキックに、ムスタフィがヘディングで合わせて幸先良く先制する。

しかしながら、その4分後にすぐさま反撃に転じるユナイテッド。直接フリーキックは相手守護神レノにセーブされるも、こぼれ球をアントニー・マルシャルが詰めて試合を振り出しに戻した。

後半に入ると、再びガナーズがリードを奪う。
67分、高い位置からのプレッシングでマルコス・ロホのミスを誘うと、最後はアレクサンドル・ラカゼットがゴールネットを揺らした。

だが、ユナイテッドは直後のプレーで再び試合を振り出しに戻す。ロホのロングボールにジェシー・リンガードが合わせて2-2とした。

後半アディショナルタイムには、アーセナルのムヒタリアンが角度のないところからボレーシュートでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイド判定でゴールは認められず…。

結果、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルによるビッグマッチは2-2の痛み分けに終わった。

両チームの週末のゲームをチェック!

そんなマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの次節のゲーム、オッズをチェックしてみよう。

マンチェスター・ユナイテッドはホームでフルハムと、アーセナルもホームでハダースフィールドと相まみえる。

ベッティングトップ10では、毎週世界各国の注目ゲームをピックアップしてオッズ記事を更新します!

プレミアリーグ

今すぐ登録

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑