メッシやディバラがW杯で見られない確率は「63%」!?

・アルゼンチン敗退の可能性は63%!?
あるデータによれば、アルゼンチン代表がワールドカップ本戦で見られない確率が「63%」を超えているそうだ。ブラジルメディア『グローボエスポルチ』が伝えている。

現地時間5日に行われたロシアワールドカップ南米予選第17節で、5位アルゼンチン代表は4位ペルー代表とスコアレスドローに終わった。これにより、大陸間プレーオフ圏内に位置していたアルゼンチンはさらに順位を6位に落とし、最終節を残してとうとう本戦出場圏外まで転落してしまった。

本戦ストレートイン圏内の4位以上に食い込むことができるか、ニュージーランド代表との大陸間プレーオフに進むことになるのか、はたまた6位以下に終わり本戦出場を逃すのか…。崖っぷちアルゼンチンの運命は10日の最終節に決まる。

ブラジルの「ジェトゥーリオバルガス財団」による調査結果によれば、最終節を終えてアルゼンチン代表が4位以内に浮上する確率はなんとたったの「26%」なんだそうだ。5位になる確率は「10%」ほどで、6位以下で予選敗退する確率は「63%」にまでのぼるという結果が出ている。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

最終節のアウェー、エクアドル戦に勝利すれば5位以内に入ることになるアルゼンチンだが、仮に今回の試合のようにドローで終わった場合、敗退の可能性が濃厚となってしまう。加えて、エクアドルとのアウェーゲームにいつも苦戦を強いられるアルゼンチンだが、実は16年間エクアドルの高地でのゲームで勝利したことが無いというデータまである。

ライバル国のブラジルメディアだから大袈裟な報道になっているのでは?と思われるかもしれないが、自国メディアの『クラリン』ではブエノスアイレス大学の調査データを参考に、6位以下で予選敗退する可能性は「16%」としており、4位以内に入ってワールドカップ出場権を得る可能性は「66%」だと、まさにまったく逆の結果を提示している。
つまり、こればかりはあくまで参考データに過ぎないというわけだが、最終的にどちらのメディアが「正しかった」と言われるのかは、アルゼンチン代表のエクアドル戦での結果次第ということになる。

果たしてロシアワールドカップで、リオネル・メッシやパウロ・ディバラ等といったサッカー界屈指のスターを見ることは叶うのだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • 2018ロシアワールドカップ

    ワールドカップの歴史

    ワールドカップスタジアム