メッシが対チェルシー戦で初ゴール!【チェルシー対バルサ結果】

メッシがチェルシー戦初ゴール

ウィリアン現地時間20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ファーストレグが行われ、プレミアリーグ王者のチェルシーが本拠地スタンフォード・ブリッジにバルセロナを迎えた。

ホームで是が非でも先勝したいチェルシーは、ベルギー代表エデン・アザール、ブラジル代表ウィリアン、スペイン代表セスク・ファブレガス、ナイジェリア代表ヴィクター・モーゼス等が先発に名を連ねる。

一方アウェーゴールを持ち帰りたいバルセロナも、アルゼンチン代表リオネル・メッシ、ウルグアイ代表ルイス・スアレス、スペイン代表アンドレス・イニエスタ、クロアチア代表イバン・ラキティッチとベストメンバーが先発出場。

ウィングの一角を担うブラジル代表フィリペ・コウチーニョは出場資格がないためベンチ外だが、フランス代表のウスマン・デンベレは今回もベンチスタートとなった。

さて、試合の立ち上がりはホームのチェルシーが決定機をいくつか演出する。ウィリアンがペナルテイエリア外から2度強烈なミドルシュートを放つが、いずれのシュートも左右のポストにはじき返された。

一方のバルセロナは、圧倒的なボール保持率を保ちながら決定機を演出することができず。スコアレスドローで前半を折り返した。

後半に入って、ウィリアンが再び火を噴く。52分、セットプレーからのこぼれ球に反応したウィリアン。三度ペナルテイエリア手前からシュートを放つと、今度はバルセロナゴール右隅に突き刺さった。チェルシーが待望の先制点を奪取する。

しかしながら74分、チェルシーのパスミスを見逃さなかったアンドレス・イニエスタが、ペナルテイエリア内でリオネル・メッシへラストパス。これをメッシが落ち着いてチェルシーゴールへと流し込み、バルセロナが同点に追いついた。

試合はこのままタイムアップとなり、チェルシーホームで開催されたファーストレグは、1-1の痛み分けに終わった。
尚、この日ゴールを決めたリオネル・メッシは、対チェルシー戦で9試合目にして初ゴールをマークしたことになる。

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑