ムバッペはモナコ残留?それとも史上最高額で「銀河系軍団」へ加入か

・今季大ブレイクで去就に注目が集まるムバッペ

今季リーグアン、チャンピオンズリーグで世界中を沸かせたフランスの新鋭キリアン・ムバッペ。今夏のマーケットで、最も注目を集めるであろうこのヤングスターの争奪戦は、どのチームに軍配が上がるのだろうか?

チャンピオンズリーグで連覇を達成したレアル・マドリードが、まず動き出した。なんと、約167億1000万円に相当する1億3500万ユーロという巨額なオファーを提示するとのことだ。
来シーズン、チャンピオンズリーグ決勝でもベンチ外となったコロンビア代表のスター、ハメス・ロドリゲスの放出は濃厚とされており、加えてBBCの一角ギャレス・ベイルもマンチェスターユナイテッドへの移籍が噂されている。

レアル・マドリードのペレス会長は、生粋の「スーパースター好き」で知られており、これらの選手と引き換えに新たなビッグネームを補強することが想定されている。そこで今季チャンピオンズリーグで大ブレイクを果たしたフランスの18歳に白羽の矢を立てたということだ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・過去2度オファーも何れも失敗
以前からレアル・マドリードへの移籍が噂されていたムバッペだが、今回モナコへ巨額オファーを提示する方向で話は進んでいる。というのも、レアル・マドリードは過去に二度実際にモナコへオファーを出しており、一回目は1億ユーロ(約123億8000万円)、二回目は1億1500万ユーロ(約142億4000万円)提示している。いずれも巨額オファーではあるが、モナコに振られ続けている。

しかし、ペレス会長束ねる銀河系軍団は2度振られた程度では諦めない。そこで、今回の約167億1000万円に相当する1億3500万ユーロという額での再オファーに至るというわけだ。万が一この額での移籍が実現すれば、ポール・ポグバがユベントスからマンチェスターユナイテッドへ移った際の移籍金史上最高額を更新することとなる。

一方で重要なのはムバッペ本人の意向だ。2018年のロシアワールドカップへのメンバー入りに重きを置いているムバッペは、モナコに残留する方向で意志を固めているんだとか。出場機会が得られて、尚且つチャンピオンズリーグの決勝トーナメントへ出られるチームに在籍している今、わざわざワールドカップ前年にリスクを負ってメガクラブへ移籍する必要はないということだろう。

果たして、ひたむきにラブコールを送り続けるレアル・マドリードの「片思い」は実るのだろうか?今夏マーケットの最大の見どころだ。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Back to Top ↑