ミランがEL予選の観客動員数の記録を塗り替える 期待度は最高潮に達している?

・ドルトムントの観客動員数記録を塗り替える
今年4月から中国資本となり、長らく続いている低迷期から脱却すべく今夏2億ユーロ(約256億円)という巨額マネーを選手補強に費やしたミラン。

スイス代表のリカルド・ロドリゲス、トルコ代表のハカン・チャルハノール、ポルトガル代表のアンドレ・シウバといった実力者を含む計10人の選手を獲得し、今夏の移籍マーケットで最も注目のチームとなっている。

ここ数年ヨーロッパの表舞台から遠ざかっていたミランのサポーターたちは、新シーズンに向けて始動した新生ミランに期待をせざるを得ない様子だ。

現地時間3日に行われたヨーロッパリーグ予選3回戦セカンドレグでクラヨーパを下し、同大会プレーオフへ進出したミランだが、この日本拠地サンシーロに詰めかけたサポーターの数はなんと6万5763人にのぼった。
これはヨーロッパリーグの予選、プレーオフにおける観客動員数の最高記録だそうで、これまでのレコードだったドルトムントの6万5190人をわずかに上回った。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・サポーターの期待値の表れ
シーズン最初のホームゲームで、4季ぶりのヨーロッパカップの試合とはいえ、格下チーム相手のゲームでこれだけの観客動員数を記録するというのは、このチームにそれだけ大きな期待がかかっていることを意味する。
ちなみに、昨シーズンの平均観客動員数はせいぜい4万人ちょっとで、6万人を超えたのはユベントス戦やインテルとのミラノダービーに限ってだけだった。

2試合トータル3-0と盤石の強さを見せてプレーオフへと駒を進めたヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、試合後この日のファンのサポートに感謝の意を述べている。

「サポーターは、我々チームに深い愛情を見せてくれた。本当に素晴らしい夜だったよ。今日の観客たちは、この勝利に値する。このチームに、これまでにはなかった何か新しく大きなモノが生まれ始めているような気がする。」と語った。

ちなみに、シーズンの年間パスの売上も好調で、昨シーズンは1万6000枚だったが今シーズンはすでに2万5000枚を売り上げている。クラブ幹部は、4万5000枚は達成できるのではないかと予測しているそうだ。ここ数年閑散としていたサンシーロだが、新シーズンは2000年前後の栄光の時代さながらのファンタスティックな雰囲気になるかもしれない。

他の記事を読む

Tags: , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑