ミランがカリニッチ獲得を発表!今夏11人目の補強はクロアチア代表FW

・ミランが11人目の補強に選んだのは…
現地時間22日、イタリアセリエAのACミランは、フィオレンティーナからクロアチア代表のストライカー、ニコラ・カリニッチを獲得したことを正式発表した。契約内容は、買い取りオプション付の1年レンタルで、2021年までの4年契約となっている。

今年4月から中国資本となったミランは今夏のマーケットで、ポルトからポルトガル代表のアンドレ・シウヴァ、バイヤー・レヴァークーゼンからトルコ代表のハカン・チャルハノール、ユベントスからイタリア代表のレオナルド・ボヌッチ、ヴォルフルブルクからスイス代表のリカルド・ロドリゲスといったビッグネームを獲得。

その移籍金の総額はなんと計2億ユーロ(約257億8000万円)以上と推定されており、これまでのクラブ史上でも例を見ない大型補強に打って出た。カリニッチは、この夏11人目の新メンバーということになるが、現段階でその移籍金はまだ公表されていない。地元メディアによれば、2500万ユーロ(約32億2000万円)ほどなのではないかと予想されている。

マルコ・ファッソーネCEOは、「私は常に実績のあるベテランと才能のある若手を上手く融合させたいと言ってきた。経験豊富な選手たちの軸を構築するためにひつようなことだ。そこで、我々はルーカス・ビリアやレオナルド・ボヌッチを獲得し、今回ニコラも加わった。彼がチームを完成させてくれることだろう」と、経験豊富な29歳のクロアチア代表ストライカーの獲得実現の喜びを表した。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・背番号はシェフチェンコも着けた「7」に決定
カリニッチは、2015年に鳴物入りでフィオレンティーナへ加入し、イタリアでの2シーズンで公式戦に83試合出場し33ゴールをマークしている。既にセリエAで申し分のない実績を挙げているクロアチア人は、かつてのミランのアイドルでレジェンドの元ウクライナ代表アンドリュー・シェフチェンコが着用していた背番号「7」のユニフォームに袖を通すことが決定。

2011年を最後にスクデット獲得から遠ざかっているミランだが、新戦力を11人も加えた今シーズン、絶対的王者ユベントスやライバルであるインテル、ローマといったビッグクラブを押しのけて悲願の栄冠を手にすることができるだろうか。
20日に開幕したセリエAの第一節では、クロトーネ相手にクトローネらの得点により3-0と快勝を収めている。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑