マンC、レスター、マンU等順当勝利も…【カラバオカップ4回戦総括】

・カラバオカップ4回戦総括
現地時間24日から25日にかけてイングランドカラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)4回戦が行われた。

プレミアリーグで首位をひた走るマンチェスター・シティは、2部のウォルヴァーハンプトンとホームで激突。アルゼンチン代表セルジオ・アグエロ、ブラジル代表ガブリエル・ジェズス等主力メンバーで挑んだシティだったが、2部チーム相手によもやの大苦戦。延長戦を含む120分間でゴールを奪うことができず、試合はABBA方式のPK戦へ。

シティはケヴィン・デ・ブライネ、ヤヤ・トゥレ、レロイ・サネ等が落ち着いて決めた一方、ウォルヴァーハンプトンはアルフレッド・ヌディアイェ、コナー・コーディが立て続けに失敗し、結果4-1でシティが勝利。辛くも準々決勝へと駒を進めた。

日本代表の岡崎慎司が所属するレスター・シティは、2部リーズ・ユナイテッドと対戦。主力の岡崎、イングランド代表ジェイミー・ヴァーディがターンオーバーでベンチ外となったこの試合、ナイジェリア代表のケレチ・プロミス・イヘアナチョ、アルジェリア代表のイスラム・スリマニが初めて2トップで先発。

この采配がズバリ的中。リーズのパブロ・エルナンデスに決められ先制を許したレスターだったが、その後イヘアナチョ、スリマニが揃ってゴールすると、最後に途中出場のリヤド・マフレズがだめ押しとなる得点を決めて3-1で勝利した。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

プレミアリーグ2位のマンチェスター・ユナイテッドは、アウェーでスウォンジー・シティと対戦。ベルギー代表ロメル・ルカクをベンチに置いたユナイテッドは、ジェシー・リンガードの前後半1点ずつの得点に2-0で勝利し危なげなく準々決勝へ勝ち進んだ。

また、イングランド代表ハリー・ケインを温存したトッテナム・ホットスパーはウェストハム・ユナイテッド相手に2-3で敗れ早くも4回戦で大会を去ることになってしまった。

<カラバオ・カップ4回戦試合結果>
マンチェスター・C0-0(PK:4-1)ウォルヴァーハンプトン(2部)
ボーンマス3-1ミドルズブラ(2部)
ブリストル・シティ(2部)4-1クリスタル・パレス
レスター3-1リーズ(2部)
アーセナル2-1ノリッジ(2部)
スウォンジー0-2マンチェスター・U
チェルシー 2-1 エヴァートン
トッテナム 2-3 ウェストハム

他の記事を読む

Tags: , , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑