マンチェスター・ユナイテッドが補強第一号!スウェーデンのCB獲得

・今夏も補強第一号はセンターバック
今季のヨーロッパリーグを制し、来季からチャンピオンズリーグの舞台に復活するマンチェスター・ユナイテッドが、とうとう今夏第一号となる補強を行った。その選手こそが、スウェーデン代表のセンターバックであるビクトル・リンデロフだ。報道によると、所属クラブであるベンフィカとの交渉が合意に達し、残すはリンデロフがメディカルチェックを受けるだけだそうだ。

昨年夏に獲得したコートジボワール代表のエリック・バイリーに続いて、今夏の補強第一号もセンターバックの選手となった。フィル・ジョーンズやクリス・スモーリング、マルコス・ロホといった実力のあるセンターバックが在籍するマンチェスター・ユナイテッドだが、彼らは故障が付き物で、なかなかシーズン通してのプレーが見込めない。
そうした面でも、かねてから最終ラインの補強が先決とされてきたが、そこで今回ユナイテッドが白羽の矢を立てたのがベンフィカのレギュラー、リンデロフというわけだ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・リンデロフってどんな選手?
このリンデロフという選手は、どんな選手なのだろうか?
22歳と若く、2015年のU-21欧州選手権を制覇したスウェーデン代表の一員で、若くしてポルトガルの名門ベンフィカでレギュラーを張る実力者だ。同胞であるズラタン・イブラヒモビッチも、彼のプレーには太鼓判を押している様子。

186㎝という長身を活かしたエアバトルを得意としており、加えて鋭い読みや出足で相手攻撃陣を封じる。2016年3月トルコ戦で既にA代表デビューしており、昨年フランスで開催された欧州選手権にも全3試合に出場している。
9日に行われたワールドカップ予選のフランス戦でもフル出場し、チームの白星に貢献している。

「スカイ・スポーツ」の報道によると、移籍金は3070万ポンド(約43億円)になるそうで、決して安くはない。詳しい契約内容はまだ公表されていないが、メディカルチェック完了後、正式に契約期間などが発表される。

今夏の補強の最大のポイントとなっていた、シーズン通して戦力として計算が立つセンターバックの確保だが、今回マンチェスター・ユナイテッドは非常に良い選手に目を付けたのではないか。特に守備的戦術を好むジョゼ・モウリーニョ監督にとって、この発表は何よりうれしい知らせとなっただろう。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Back to Top ↑