ポット4濃厚の日本代表が、ポット3に入るための「4つの条件」とは?

・日本は第4ポット濃厚か
現地時間16日、FIFAは最新の世界ランキングを発表した。これにより、12月1日に行われるロシアワールドカップ2018グループリーグ組み分け抽選会時の「ポット分け」が大凡決まった。

これまでのレギュレーションとは違い、ロシアワールドカップのグループリーグの組み合わせ抽選におけるポット分けは、10月の世界ランクに基づいて各国振り分けられる。ホスト国であるロシアと、ランキング上位7チームがポット1に、それ以降ランキング上位から順番に、ポット2、ポット3、ポット4に組み込まれる。

まだワールドカップ出場国は32チーム中23チームしか決まっていないが、既にポット1に入る8ヶ国は決定した。世界ランキング上位のドイツ、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、ポーランド、フランス、そして開催国のロシアを加えた8チームがポット1となった。

2010年南アフリカ大会のチャンピオンスペインや、イングランド、メキシコ、ウルグアイ、コロンビアといった強豪チームはポット2に入ることが決定。これ以降は、11月の各大陸の予選終了後に決定する運びとなるが、日本代表は、ポット3、ポット4に入ることが決定している。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・日本がポット3に入るには?
今回発表されたランキングで「44位」だった日本より、ランキングの低い8ヶ国がワールドカップに出場することが決まれば、日本は自動的にポット3へ滑り込む形となるが、現段階で日本より下位で本戦出場を決めているのはパナマ(49位)、韓国(62位)、サウジアラビア(63位)の3ヶ国のみとなっている。

したがって、のこり4チームがワールドカップへの出場権を獲得する必要があるのだが、これは非常に厳しい条件となる。日本代表がポット3に入る条件は、ズバリ以下の4つだ。

「アフリカ最終予選において首位のセネガルが敗退し、南アフリカ、カーボベルデ、ブルキナファソの何れかのチームが本大会へ出場」「ニュージーランドが大陸間プレーオフでペルーに勝利」「ギリシャがヨーロッパ予選プレーオフに勝利」「ホンジュラスがオーストラリアとの大陸間プレーオフで勝利」の4つ。これらすべての条件が満たされた場合のみ、日本はアイスランドらとともにポット3に入ることができる。可能な事ならポット3に入って少しでも楽なグループに入りたいところだが果たして…。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑