ペリシッチのマンU加入は間もなく決定か?交渉が難航している理由とは

・ペリシッチのマンU加入は秒読みか?
インテルが、クロアチア代表のスピードスターを手放すことになりそうだ。現地時間17日、イギリスメディア『BBC』は、クロアチア代表でインテル所属の不動のウィンガーイヴァン・ペリシッチが、間もなくマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する運びになるのではと報道している。

18日からプレシーズンツアーであるインターナショナルチャンピオンズカップを戦うインテルは、中国に渡って4試合を行うことになっている。インテル側は、このプレシーズンツアーを前に、このクロアチア人アタッカーのマンチェスター・ユナイテッド行き決定を望んでいるそうだ。つまり、インテル側は既にペリシッチのユナイテッド移籍を容認しているということになる。

一方、今夏の移籍マーケットにおける補強リストの最上位にペリシッチをアップしているマンチェスター・ユナイテッド。すでにクラブの代表者がインテルへ足を運び、ペリシッチ獲得に向けて交渉行っているが、なかなか合意に取り付けられていない。
交渉が難航している一番の要因は、インテル側がフランス代表のアントニー・マルシャルを差し出すよう要求してきていることにあるようなのだ。

マンチェスター・ユナイテッドにとっても、現状純粋なセンタフォワードは新たに獲得したベルギー代表のロメル・ルカクとイングランド代表のマーカス・ラッシュフォードとマルシャルの3人しかおらず、そのうちの一人を手放すことは難しいだろう。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・プレシーズンツアー前の放出を希望
この交渉が合意に至らない場合、ペリシッチはインテルのメンバーとしてインターナショナルチャンピオンズカップに登録されることになり、中国で4試合戦う運びとなる。
来る新シーズン開幕戦に向けて、ある程度メンバーを固定して大会に挑みたいインテルにとっては、なるべく早期にユナイテッドへ売却して移籍金を受け取りたいところだろうが、その場合マルシャルを諦めなければならない。
はたして両者の交渉は、どういった形で決着がつくのだろうか。近日中に大きな発表があるだろう。

ちなみに、インテルはインターナショナルチャンピオンズカップでリヨン、チェルシー、バイエルン・ミュンヘンと対戦する。一方のユナイテッドは、20日にアメリカでレアル・ソルトレイクと試合を行った後、レアル・マドリード、バルセロナ、サンプドリアとプレシーズンマッチを戦う予定だ。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑