ベンチ要因だった香川選手がスタメン復帰して無双!

香川選手が10試合ぶりにスタメン復帰

主力選手に故障者が続出したことで香川選手が先発したヘルタ戦。ゲッツェ、ロイスに続いてゲレイロまで故障者リスト入りし、半ば消去法的な感じでスタメンに選ばれた香川選手。香川選手がスタメンで出場するとあって久しぶりにドルトムントの試合を観ました。

まず試合結果から話しますと、ドルトムントはヘルタに2-1で敗れたんですが、率直に見て良かったです。というのも、香川選手が全盛期さながらにキレのあるプレーを連発していたから!

オーバメヤンのゴールのアシストも秀逸だったし、3人に囲まれながらも抜け出して絶妙なアウトサイドのスルーを出したところなんか、完全に数年前の香川選手を見ているみたいでした。ほんと痺れましたね。

ゼロトップ的なシステム

スタメンを見た感じだと、オーバメヤンとシュールレの2トップで香川がトップ下に入る感じかな?と思って見てましたが、蓋を開けてみると香川はトップ下兼ワントップのような感じで、前線でかなり流動的に動いていました。オーバメヤン、シュールレがトップで張っているというよりは、香川がトップでためを作り、2人が抜け出す際は下がってトップ下のような感じになるといったイメージ。

いわゆるゼロトップってやつですね。ここにきてはじめて「戦術香川」とも言えるシステムを試したトゥヘル監督でしたが、昨日の出来だったら香川選手は十分期待に応えられたんじゃないかな?という印象を受けました。

とはいえチームは負けているというのが不運なところですね…。これでチームも勝利していたら今回のシステムが一気にメインになっていたかもしれないといっても過言でなかったですよ。

実際香川選手のアシスト未遂もあったし、勝っていてもおかしくないようなゲームでした。何れにしても今回の戦術がオプションの一つになることは間違いないでしょう。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

次は中二日でカップ戦

次は中二日で延期になっていたDFBポカールのシュポルトフロインデ・ロッテ戦があるので、もう一度この戦術を見てみたいですね。格下相手とは言えど、準決勝突破のかかった重要な試合なので、香川選手にはアシスト、ゴールといった目に見える結果を残してほしい。

今回の出来だったら、ミッドウィークのカップ戦は温存で週末のリーグ戦で再び先発ということもあるかも?

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Back to Top ↑