ベルギー対パナマ【予想とオッズ】

ベルギー対パナマ
ベルギー vs パナマ
3 – 0試合終了
ベルギーが個人技でパナマを圧倒!悲願の4強進出に向けて視界良好
6月19日・0:00(日本時間)
ソチ
グループG
次の試合 ►
ベルギーベルギーvsチュニジアチュニジア イングランドイングランドvsパナマパナマ

グループG

チーム
ベルギー
ベルギー
300+79
イングランド
イングランド
201+56
チュニジア
チュニジア
102-33
パナマ
パナマ
003-90

ベルギー代表メンバー一覧 パナマ代表メンバー一覧

オッズ確認の前に!マッチプレビューチェック!

ベルギー代表グループGの第一節「ベルギー×パナマ」
このゲームの勝者は?

初出場の国が、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、エデン・アザール(チェルシー)、ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)といったスターを擁する「レッドデビルズ」から勝利を奪うことを予想する人は限りなく少ないだろう。

パナマとしては、初めての大舞台、そして世界最高峰のチームとの対戦ということで、どのような展開になろうと今後のパナマサッカー界にとって大きな財産になるし、歴史的な試合となる。

それゆえ、彼らには失うものが何もない。それは北中米カリブ海予選でも同じだった。前回大会出場国のホンジュラス、さらには前回16強のアメリカを抑えて予選を勝ち抜いてきたのだから…。

パナマにベット パナマ
1.15 ベルギー 7.50 引き分け26.00 パナマ

予選での粘り強さを発揮することができれば、勝ち点をもぎ取ることができるかもしれない。ドローでも彼らにとっては金星に値するだろう。

一方ベルギーは、最終節イングランド戦を前に「ドロー以上で首位通過」というシチュエーションを作りたい。故にパナマ戦では1点でも多く奪って勝利を手にしたいところだ。

ベルギー ベルギーにベット
1.15 ベルギー 7.50 引き分け26.00 パナマ

そんな「ベルギー代表対パナマ代表」の一戦は、日本時間19日0:00キックオフ予定だ

ベルギー対パナマ2大ブックメーカーのオッズは…?

大手ブックメーカーサイトウィリアムヒル(William Hill)とベット365(bet365)での試合予想オッズは以下の通りとなっている。

経験、タレント力で大きく上回るベルギーが、文字通り「桁違い」に優勢となっている中、果たして勝利するのはどちらのチームになるだろうか…?

bet365 ウィリアムヒル
1 引き分け 2 1 引き分け 2
1.173 7.750 25.550 1.12 7.50 17.00
最高の賭け この試合に賭ける

※(1がベルギー、2がパナマ)


ベルギー代表メンバー一覧

▼ GK
ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)
シモン・ミニョレ(リヴァプール/イングランド)
クーン・カステールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)

▼ DF
トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド)
ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・C/イングランド)
レアンデル・デンドンケル(アンデルレヒト)
トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
トーマス・ヴェルマーレン(バルセロナ/スペイン)
ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)

▼ MF
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/イングランド)
ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)
マルアン・フェライニ(マンチェスター・U/イングランド)
ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)
アドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ/スペイン)
ヤニック・フェレイラ・カラスコ(大連一方/中国)
アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)
ナセル・シャドリ(ウェスト・ブロムウィッチ/イングランド)

▼ FW
エデン・アザール(チェルシー/イングランド)
トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)
ロメル・ルカク(マンチェスター・U/イングランド)
ミシー・バチュアイ(ドルトムント/ドイツ)
ドリース・メルテンス(ナポリ/イタリア)

ブックメーカーのオッズは…?

パナマ代表メンバー一覧

▼ GK
ハイメ・ペネド(ディナモ・ブカレスト/ルーマニア)
ホセ・カルデロン(チョリージョ)
アレックス・ロドリゲス(サン・フランシスコ)

▼ DF
フェリペ・バロイ(ムニシパル/グアテマラ)
フィデル・エスコバル(ニューヨーク・レッドブルズ/アメリカ)
ロマン・トーレス(シアトル・サウンダーズ/アメリカ)
アドルフォ・マチャド(ヒューストン・ダイナモ/アメリカ)
ハロルド・カミングス(サンノゼ・アースクエイクス/アメリカ)
ミゲル・ムリージョ(ニューヨーク・レッドブルズ/アメリカ)
エリック・ダビス(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア)
ルイス・オバージェ(オリンピア/ホンジュラス)

▼ MF
アニバル・ゴドイ(サンノゼ・アースクエイクス/アメリカ)
エドガル・バルセナス(カフェタレロス・デ・タパチュラ/メキシコ)
バレンティン・ピメンテル(プラサ・アマドル)
ホセ・ルイス・ロドリゲス(ヘント/ベルギー)
アルマンド・クーペル(ウニベルシダ・デ・チリ/チリ)
アルベルト・キンテーロ(ウニベルシタリオ・デポルテス/ペルー)
ガブリエル・ゴメス(アトレティコ・ブカラマンガ/コロンビア)

▼ FW
ルイス・テハダ(スポルト・ボーイズ/ペルー)
アブディエル・アローヨ(アラフエレンセ/コスタリカ)
イスマエル・ディアス(デポルティボ・ラ・コルーニャB/スペイン)
ブラス・ペレス(ムニシパル/グアテマラ)
ガブリエル・トーレス(ウアチパト/チリ)

ブックメーカーのオッズは…?.


Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!

チーム
ベルギー
ベルギー
300+79
イングランド
イングランド
201+56
チュニジア
チュニジア
102-33
パナマ
パナマ
003-90

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑