ベスト8が出揃う!下剋上あり、大逆転あり、さらにはこんな記録まで!

ベスト8進出チームが確定!

チャンピオンズリーグは、現地時間15日に決勝トーナメント1回戦最後の2試合が行われ、モナコがマンチェスターシティを、アトレティコマドリーがレバークーゼンをそれぞれ退け、ベスト8が全チーム出そろいました。

準々決勝へ駒を進めたのは以下の8チーム。

・バイエルン
・レアルマドリード
・ドルトムント
・バルセロナ
・ユベントス
・レスターシティ
・アトレチコマドリー
・モナコ

一回戦を振り返ってみると、やはりなんといっても印象的なのは0-4からの逆転という史上最大のミッションをクリアしたバルセロナ。それからアーセナルをトータルスコア10-2で退けたバイエルン、セビージャを破ってプレミアで唯一ベスト8入りを果たしたレスターシティあたりでしょうか。

バルセロナ、バイエルンの強さは言わずもがなですが、レスターがスペイン勢のセビージャを破ったことが個人的に全カードの中で一番のサプライズでしたね。伏兵と目されていたモナコがマンチェスターシティを破ったのも驚きでした。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

大会史上最多のゴール数を記録?
ちなみに、一回戦の対戦結果は以下の通りとなっています。

バイエルン 10-2 アーセナル
レアル・マドリード 6-2 ナポリ
ドルトムント 4-1 ベンフィカ
バルセロナ 6-5 PSG
ユベントス 3-0 ポルト
レスター・シティ 3-2 セビージャ
アトレチコ・マドリード 4-2 レバークーゼン
モナコ 6-6 マンチェスター・シティ(アウェーゴールの差でモナコが勝ち抜け)

このスコアを見て何か感じませんか?
そう、異常にゴール数が多いです(笑)ユベントスの堅守を前にホームアウェーでノーゴールに終わったポルトを除けば、全チーム得点を挙げています。さらに、バイエルンはホームアウェー両方で5得点と大暴れ。全試合のトータルが62得点ということなんですが、これは一回戦における大会史上最多ゴール数なんだそうです。なんでも、ゴール数の少なかった2011-12シーズンの大会全ゴール数を上回る得点数だそうです。

たしかに今回はゴールがたくさん入りましたし、レスターやモナコ等の伏兵の下剋上、セカンドレグでの大逆転など見どころが多くて例年に増して一回戦から面白かったですね~。

さて、現地時間17日には早くもベスト8の組み合わせ抽選会が行われますが、これまた本当に楽しみですね。個人的には、レスター対ドルトムントの日本人対決、唯一無失点のユベントス対攻撃力ナンバーワンのバイエルンなんかが見てみたいですね!

他の記事を読む

Tags: , , , , , , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑