ヘント不調の原因は…?昨シーズン大ブレイクの久保裕也はどこへ?

・エース久保の不調でヘント低迷
昨シーズン、ベルギーリーグで優勝をかけたプレーオフまで進んだヘントだが、今シーズンはまだエンジンがかかり切っていない。リーグ戦で4試合勝ち星がないだけでなく、ヨーロッパリーグの予選でも伏兵アルタッハに敗れてしまい、低迷するヘント。

昨シーズンの冬に加入して以降17試合で11ゴールと大爆発した日本代表の久保裕也でさえ、まだ公式戦でゴールを奪うにはいたらず、シーズン開始そうそうチームともに苦しい時期を過ごしている。

ベルギーメディアの『VOETBALKRANT』は、ヘント低迷の問題点にいくつかの原因を挙げているが、その中の一つには久保の名前がある。今シーズンの久保は、昨シーズン同様に決定機に多く絡んでおり、今にもシーズン初ゴールを奪いそうな空気管は漂わせている。

がしかし、その幾度となく訪れる決定機を外し続けている場面が目につき、13日のメヘレン戦では惜しくもシュートがポストを叩くシーンもあった。直近のムスクロン・ペルヴェルツ戦でも、ゴールキーパーと一対一でシュートを打ちながら、わずかに枠を捉えるに至らなかった。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・昨シーズンとは別人…?
得点を奪えていない久保に対して同メディアは、「昨シーズンのクボは、触れるものすべてを金に変えてきたというのに…」と昨季とは別人のようになってしまったエースを嘆いている。
ゴール前で如何なる場合でも冷静さを保ち、確実にシュートを枠内に打てるところが久保のストロングポイントでもあったはずだが、今はその片鱗さえ見せることができていない。ヘントが再び優勝争いへと返り咲くためには、「スシボンバー」の復活は必須だ。

また『VOETBALKRANT』は、久保の不調の他に、ピッチ上でチームを一つにするような絶対的リーダーが存在しないこと、開幕戦のシント・トロイデン戦やムスクロン・ペルヴェルツ戦で3失点を喫するなど守備が崩壊している点などをヘントの問題点として列挙している。

ヘントは次節強豪クラブのアンデルレヒトと対戦するが、はたして昨シーズン覇者を相手に今シーズン初勝利を手にすることはできるだろうか。
なによりエースストライカーの久保のゴールに期待がかかる。アンデルレヒトもここまで格下相手に敗戦を喫しているため、ヘントにもチャンスがあるだろう。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑