プレミアリーグを徹底解説

視聴者は全世界で10億人以上!超人気プレミアリーグを徹底解説
プレミアリーグ1イギリスはフットボールがはじめて生まれた国といわれており、その国の1部リーグであるプレミアリーグには自国内の選手のみならず多くのスター選手が所属しています。
勿論、歴史も深くこれまで様々なドラマが誕生してきました。

欧州のみならず全世界のサッカーファンを虜にしているプレミアリーグ。
そんなプレミアリーグの歴史やビッグ4の存在。多才なストライカーの紹介やオンラインベッティング会社とプレミアリーグの関連などを徹底解説していきます。

プレミアリーグは自国内のみならず、全世界のスタープレイヤーが終結しているリーグです。そんなプレミアリーグの歴史やオンラインベッティング会社との関連を徹底解説していきます。

プレミアリーグ

Top10ブックメーカー一覧

最新ニュース

◽ プレミアリーグの始まりと歴史

プレミアリーグ2プレミアリーグは、1992年に設立されたサッカーのプロリーグであり、加盟国は『イングランド』と『ウェールズ』の2カ国となっています。
元々、プレミアリーグが開催される前である1980年代はイングランドサッカー界において厄年といわれていました。
フーリガンを代表する暴力行為やスタジアムの火災、たびたび起こる事故死など不幸が度重なり、そのような自体を脱却するためにイングランドサッカー界は、アメリカのNFLのようなエンタテイメント性への脱皮が模索されていました。
そして、満を持して発足されたのがプレミアリーグです。
何より、今までとの最大の違いはテレビ放映権やスポンサーなどの契約を独立して結べるようになったことであり、その影響でクラブの経営状況が非常に円滑になりました。
以降、自国内のみならず世界でも人気のリーグに成長し、今では世界中の10億人以上に視聴されているとも言われています。

◽ テレビ放映権料、資金収益とその視聴者

プレミアリーグ3

プレミアリーグのテレビ放映権料は年々高騰しており、2016年~2019年に契約された放映権料は3年で95億ユーロ(約1.3兆円)と言われています。
この放映権料は半分がクラブ側に振り分けられ、リーグなどのチーム成績によって分配量も変化してきます。
2014~2015年を例に挙げますと、リーグ優勝をしたチェルシーには1億2400万ユーロ(約153億円)が分配されたのに対し、その年最下位で終わったQPRでさえも7900万ユーロ(約105億円)の収益を手にしました。前述したとおり、10億人以上視聴者がいるといわれているプレミアリーグですが、今後も放映権料は伸びていくと予想されています。

◽ 「ビッグ4」の存在

ビッグ4プレミアリーグには「ビッグ4」と呼ばれる以下の4つのチームが存在します。
どのチームも名門と言われる世界の強豪チームです。

  • ① マンチェスター・ユナイテッド
    「赤い悪魔」の愛称を持つクラブチーム。
    イングランド・マンチェスターをホームタウンとし、プレミアリーグでは「リヴァプール」と並んでイングランドのフットボール史上最も成功を収めてきたクラブとして知られています。
    特に、1968年にイングランドのチームとして始めてヨーロッパで最高峰の大会であるUEFAチャンピオンズリーグで優勝したことで有名です。
  • ② リヴァプール
    イングランド・リヴァプールをホームタウンとするリヴァプールは、1892年に発足された100年以上の歴史を持つクラブチームです。
    過去には「プレミアリーグ3連覇」など輝かしい成績を収めてきた経歴を持ち、チャンピオンズリーグの優勝経験も過去5回と非常に優秀な成績を収めています。
  • ③ チェルシーFC
    チェルシーFCは、イギリスの首都ロンドン西部・チェルシー地区がホームタウンであり、100年の歴史をもつクラブチームです。
    過去にプレミアリーグを5回、チャンピオンズリーグを1回優勝していますが、実績ではマンチェスター・ユナイテッドやリヴァプールに見劣りしてしまいます。
    しかし、毎年チャンピオンズリーグでは決勝トーナメントに進むなど世界の強豪クラブであることは間違いありません。
  • ④ アーセナルFC
    アーセナルFCは1886年に発足されたチームであり、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとしています。
    過去にプレミアリーグを13回優勝している実績はありますが、ビッグ4の中で唯一チャンピオンズリーグで優勝経験が無いチームとなっています。

◽ プレミアリーグのストライカー

プレミアリーグには国内のみならず世界でも有数のストライカーが在籍していますが、過去から今現在にはどのようなストライカーがいたのでしょうか?
そこで、歴代の総得点ランキングで選手をご紹介していきます。

  • 1位 260得点 アラン・シアラー(元イングランド代表)
    アラン・シアラー
  • 2位 187得点 アンディ・コール(元イングランド代表)
    アンディ・コール
  • 3位 178得点 ウェイン・ルーニー(イングランド代表)
    ウェイン・ルーニー
  • 4位 175得点 フランク・ランパード(元イングランド代表)/ティエリ・アンリ(元フランス代表)
    フランク・ランパード
  • 5位 162得点 ロビー・ファウラー(元イングランド代表)
    ロビー・ファウラー

1位のアラン・シアラーは、1990年代を代表するストライカーでありイングランド代表ではキャプテンも務めていました>

また、3年連続でプレミアリーグ得点王を獲得するなど圧倒的なパフォーマンスを見せ続け2006年に引退しました。
3位のウェイン・ルーニーはマンチェスター・ユナイテッドの「顔」とも言える選手であり、繊細なボールタッチとパワフルなシュートを使い分けゴールを量産しています。
他にも、チェルシーで多くの得点を獲得したフランク・ランパードなども総得点ランキングにランクインしています。

◽ 日本人選手の活躍

プレミアリーグは、フィジカルが重要視されるリーグとされています。
そのため、今までプレミアリーグに挑戦してきた日本人は苦戦していた傾向にありました。

その年には日本代表の岡崎選手が、チーム最高の移籍金でレスター・シティに移籍した年でもあります。

なぜならば、日本人は元々他の国の選手よりも体が小さいとされていたからです。
ドイツのブンデスリーガでドルトムントの2連覇に大きく貢献した『香川』選手も、マンチェスター・Uに移籍後、思うような活躍ができず結局はドルトムントへ戻ることになりました。

しかし、最近ではプレミアリーグの劇的優勝に貢献した『岡崎』選手や、ポジション争いを勝ち取り安定した出場機会を得ている『吉田』選手など、プレミアリーグでも活躍する日本人選手が増えているのです。

『岡崎』『吉田』

また、その活躍度は海外でも認められており、米紙「Bleacher Report」が発表したプレミアリーグのポジション別のランキング化では、岡崎がセンターフォワード部門で8位にランキングされています。
競争が非常に激しいセンターフォワード部門で8位に選出されるということはかなりの快挙であり、リヴァプールの『ロベルト・フィルミーノ』よりも評価されているということは非常に素晴らしいことです。
そして吉田選手に関しても、センターバック部門で16位に入っています。
岡崎選手の評価が高く少し低い順位に感じるかもしれませんが、センターバック部門も世界的なスーパースターが集まるポジションであるため、日本人としては非常に高い評価を受けているといえるでしょう。
現時点では、アーセナルディフェンダーである『ローラン・コシェルニー(19位)』よりも順位が上である事がそれを証明しています。

ほんの数年前ではプレミアリーグに挑戦する日本人が出ただけで大注目されていましたが、最近では当たり前のように日本人がプレミアリーグで活躍できるようになりました。

これからは、更に多くの日本人がプレミアリーグという大舞台で活躍してくれるでしょう。
そして、そんな日本人が活躍する姿を、ライブで見ながらスポーツベッティングを行い応援すれば、更に熱い勝負を私達サポーターも楽しめるはずです。

◽ プレミアリーグとオンラインベッティング会社

世界的に超人気なプレミアリーグに加入している所属しているビッククラブは、様々なスポンサーと契約しています。
その中でも最近目を張るのがオンラインベッティング会社の存在です。
プレミアリーグにベットできる優良ブックメーカー

プレミアリーグとは、当然どのようなチームでも加入できるわけではなく「総資産」「世界的信用」などを併せ持つチームしか存在しません。
ですので、クラブのスポンサーに採用される企業も一定以上世界的に信用や実績のある企業とでないと到底スポンサーの契約は結べないのです。
しかし、最近ではクリスタルパレスと契約を行なっている「M88」やリヴァプールのスポンサーである「BETVICOR」マンチェスター・ユナイテッドと契約している「Marathonbet」など多くのオンラインベッティング会社がブッククラブのスポンサーとなっています。
元々、イギリスはギャンブルに関して寛容な一面がありますが、それを加味しましても最近のオンラインベッティング会社の躍進は目をはるものがあります。
ユーザーからしても、オンラインベッティングを行なう際には信頼性や安全性が大事となりますので、もしどのオンラインベッティング会社を利用するか悩んでいる方がいらっしゃいましたら、プレミアリーグのブッククラブとスポンサー契約を行なっているオンラインベッティング会社を利用してみてはいかがでしょうか?

Top10ブックメーカー一覧


Comments are closed.

Back to Top ↑