ブンデスリーガの開幕戦が決定!2つの日本人対決が実現!香川所属のドルトムントの相手は?

・ブンデスリーガの開幕戦が決定!
ドイツブンデスリーガは29日、2017-18シーズンの全日程を発表した。注目の開幕戦は以下の通り。

【開幕戦カード】
バイエルン・ミュンヘンvsバイヤー・レヴァークーゼン
ヘルタ・ベルリンvsシュトゥットガルト
ホッヘンハイムvsブレーメン
フライブルクvsフランクフルト
ボルシア・メンヘングラードバッハvsケルン
シャルケ04vsライプツィヒ
ハンブルガーSVvsアウクスブルク
マインツ05vsハノーファー
ヴォルフスブルクvsボルシア・ドルトムント

一番の注目カードは、なんといっても王者バイエルン・ミュンヘンが、ホームにバイヤー・レバークーゼンを向かえる試合だろう。内田篤人が所属するシャルケは、昨シーズン2部から昇格しチャンピオンズリーグの出場権を得る等大躍進を果たしたライプツィヒをホームに迎える。

現在肩の負傷で離脱中の香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、アウェーで難敵ヴォルフスブルクと対戦。尚、香川はこの開幕戦に間に合う見込みだ。

昨季酒井高徳がキャプテンを務め終盤の追い上げでなんとか1部に残留したハンブルガーは宇佐美貴史が所属するアウクスブルクと対戦。また、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは、2部から昇格し浅野拓磨の残留が決まったシュツットガルトと相まみえる。

また、先日サガン鳥栖から移籍した鎌田、長谷部誠が所属するフランクフルトはフライブルクと、エースストライカーのモデストが退団濃厚で、大迫勇也に新エースの期待がかかるケルンは強豪ボルシア・メンヘングラードバッハと対戦。エースのコルドバが退団し、こちらもセンターフォワードとしての起用が期待される武藤のマインツは、昇格組のハノーファーと激突。

・今シーズンも多くの日本人対決が実現
こうして対戦カードを見てみると、ほとんどの試合で日本人が一人以上見ることができる。また、日本人対決も2カード実現している。毎節のように日本人対決が見られるブンデスリーガ、今シーズンも熱い戦いに目が離せない。

中でも日本代表でセンターフォワードを務める大迫勇也の活躍に期待がかかる。来シーズンはワールドカップイヤーということで、日本人選手のみならず世界各国の選手が代表メンバー争いにより一層闘志を燃やして挑む年となる。サムライたちは、激しいポジション争いに勝利してチームの中心選手になることができるだろうか。まずは大迫選手に二桁ゴールを期待しよう。
・ブンデスリーガの開幕戦が決定!
ドイツブンデスリーガは29日、2017-18シーズンの全日程を発表した。注目の開幕戦は以下の通り。

【開幕戦】
バイエルン・ミュンヘンvsバイヤー・レヴァークーゼン
ヘルタ・ベルリンvsシュトゥットガルト
ホッヘンハイムvsブレーメン
フライブルクvsフランクフルト
ボルシア・メンヘングラードバッハvsケルン
シャルケ04vsライプツィヒ
ハンブルガーSVvsアウクスブルク
マインツ05vsハノーファー
ヴォルフスブルクvsボルシア・ドルトムント

一番の注目カードは、なんといっても王者バイエルン・ミュンヘンが、ホームにバイヤー・レバークーゼンを向かえる試合だろう。内田篤人が所属するシャルケは、昨シーズン2部から昇格しチャンピオンズリーグの出場権を得る等大躍進を果たしたライプツィヒをホームに迎える。

現在肩の負傷で離脱中の香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、アウェーで難敵ヴォルフスブルクと対戦。尚、香川はこの開幕戦に間に合う見込みだ。

昨季酒井高徳がキャプテンを務め終盤の追い上げでなんとか1部に残留したハンブルガーは宇佐美貴史が所属するアウクスブルクと対戦。また、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは、2部から昇格し浅野拓磨の残留が決まったシュツットガルトと相まみえる。

また、先日サガン鳥栖から移籍した鎌田、長谷部誠が所属するフランクフルトはフライブルクと、エースストライカーのモデストが退団濃厚で、大迫勇也に新エースの期待がかかるケルンは強豪ボルシア・メンヘングラードバッハと対戦。エースのコルドバが退団し、こちらもセンターフォワードとしての起用が期待される武藤のマインツは、昇格組のハノーファーと激突。

・今シーズンも多くの日本人対決が実現
こうして対戦カードを見てみると、ほとんどの試合で日本人が一人以上見ることができる。また、日本人対決も2カード実現している。毎節のように日本人対決が見られるブンデスリーガ、今シーズンも熱い戦いに目が離せない。

中でも日本代表でセンターフォワードを務める大迫勇也の活躍に期待がかかる。来シーズンはワールドカップイヤーということで、日本人選手のみならず世界各国の選手が代表メンバー争いにより一層闘志を燃やして挑む年となる。サムライたちは、激しいポジション争いに勝利してチームの中心選手になることができるだろうか。まずは大迫選手に二桁ゴールを期待しよう。
・ブンデスリーガの開幕戦が決定!
ドイツブンデスリーガは29日、2017-18シーズンの全日程を発表した。注目の開幕戦は以下の通り。

【開幕戦】
バイエルン・ミュンヘンvsバイヤー・レヴァークーゼン
ヘルタ・ベルリンvsシュトゥットガルト
ホッヘンハイムvsブレーメン
フライブルクvsフランクフルト
ボルシア・メンヘングラードバッハvsケルン
シャルケ04vsライプツィヒ
ハンブルガーSVvsアウクスブルク
マインツ05vsハノーファー
ヴォルフスブルクvsボルシア・ドルトムント

一番の注目カードは、なんといっても王者バイエルン・ミュンヘンが、ホームにバイヤー・レバークーゼンを向かえる試合だろう。内田篤人が所属するシャルケは、昨シーズン2部から昇格しチャンピオンズリーグの出場権を得る等大躍進を果たしたライプツィヒをホームに迎える。

現在肩の負傷で離脱中の香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、アウェーで難敵ヴォルフスブルクと対戦。尚、香川はこの開幕戦に間に合う見込みだ。

昨季酒井高徳がキャプテンを務め終盤の追い上げでなんとか1部に残留したハンブルガーは宇佐美貴史が所属するアウクスブルクと対戦。また、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは、2部から昇格し浅野拓磨の残留が決まったシュツットガルトと相まみえる。

また、先日サガン鳥栖から移籍した鎌田、長谷部誠が所属するフランクフルトはフライブルクと、エースストライカーのモデストが退団濃厚で、大迫勇也に新エースの期待がかかるケルンは強豪ボルシア・メンヘングラードバッハと対戦。エースのコルドバが退団し、こちらもセンターフォワードとしての起用が期待される武藤のマインツは、昇格組のハノーファーと激突。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・今シーズンも多くの日本人対決が実現
こうして対戦カードを見てみると、ほとんどの試合で日本人が一人以上見ることができる。また、日本人対決も2カード実現している。毎節のように日本人対決が見られるブンデスリーガ、今シーズンも熱い戦いに目が離せない。

中でも日本代表でセンターフォワードを務める大迫勇也の活躍に期待がかかる。来シーズンはワールドカップイヤーということで、日本人選手のみならず世界各国の選手が代表メンバー争いにより一層闘志を燃やして挑む年となる。サムライたちは、激しいポジション争いに勝利してチームの中心選手になることができるだろうか。まずは大迫選手に二桁ゴールを期待しよう。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑