ブラジル代表のルイス・グスタヴォが酒井弘樹の同僚に!マルセイユが獲得発表

・マルセイユがグスタヴォを獲得!
ドイツブンデスリーガのヴォルフスブルクに在籍していたブラジル代表の守備的ミッドフィルダー、ルイス・グスタヴォがとうとうドイツを然る決断を下したようだ。ルイス・グスタヴォが新天地に選んだのは、フランスリーグ1のオリンピック・マルセイユのようで、4日にヴォルフスブルクとマルセイユが正式発表した。

フランス紙「レキップ」によると、契約期間は4年間で、移籍金は約10億3000万円に相当する800万ユーロで決着した模様。マルセイユ側からすれば、このクラスの選手を800万ユーロで獲得できたことは「出来過ぎている」と言っていい功績なのではないだろうか。来シーズンの名門復活に待ったなしだ。

ルイス・グスタヴォは年齢こそ29歳と若くはないが、ブラジル代表としても経験を積んでおり、そのキャップ数は40にまでなる。現在行われているロシアワールドカップの南米予選にも出場している。

そんなルイス・グスタヴォは、2007年に母国ブラジルのクラブからブンデスリーガのホッフェンハイムへ移籍。そこでの活躍がバイエルン・ミュンヘンのスカウティングの目に留まり、2011年に鳴物入りで強豪バイエルンへ移籍。彼のバイエルンでの戦いの最大のハイライトとなるのは、何といっても2012/13シーズンのブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグの3冠制覇だろう。

その後2013年にヴォルフスブルクへ渡り、絶対的な大黒柱としてチームに君臨。4シーズンで公式戦142試合に出場している。ブンデスリーガでの10シーズンをトータルすれば、350を超える試合数をこなしてきた。経験値という点でもマルセイユにもたらすパワーは計り知れないだろう。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・ジェルマン、パイエ、酒井らと共闘
マルセイユと言えば、日本代表の不動のセンターバック、酒井弘樹が在籍していることもあって、日本人の関心も高いチームだ。昨シーズンはリーグ1を5位でフィニッシュし、来季のチャンピオンズリーグの出場権こそ逃したものの、ヨーロッパリーグへの出場権はなんとか死守。

マルセイユには酒井の他に、元フランス代表のパトリス・エヴラ、フランス代表のディミトリ・パイエ、元ポルトガル代表のロランド、カメルーン代表のアンリ・ベディモ、といったタレントが揃う。さらに今夏モナコから新たなストライカー、ヴァレール・ジェルマンも獲得しており、来シーズンの復活に大きな期待がかかる。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑