楽しいだけではダメ!?ブックメーカーの安全性は要チェック

ブックメーカーを利用する上で安全性は、ボーナスやプロモーションの豊富さよりも大事なポイントとなります。

信頼性の高いブックメーカー

・ブックメーカーの安全性

ブックメーカーで始めて遊ぶ方の中には、「勝ったお金はちゃんと出金できるのか?」という疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
正確には、「ほぼ大丈夫」というのが答えとなっています。
今では500社以上のブックメーカーが存在するため、その中には少なからず悪質なブックメーカーもあるのが現状です。
では、どのようなブックメーカーならば安全に遊ぶことができるのか?
確認すべき点を、ポイント別にご紹介していきます。
・取得しているライセンスをチェック!

ウィリアムヒル-ブックメーカーの安全性

多くのブックメーカーは、いずれも「ライセンス」を取得した上でサービスを運営しています。(全てではない)

ぱっと見「ライセンスを持っているなら大丈夫」と思うかもしれませんが、実はライセンスにも「簡単に取得できる信頼性の低いもの」「取得が難しく、信頼性が高いもの」があります。

では、実際にライセンスごとの信頼性を見てみましょう。

『ライセンスの信頼度』

  • ① イギリス領・ジブラルタル
    カジノソフトの調査など厳正な審査を行った上でライセンスが発行されるため、取得が難しく、信頼性が高いです。大手のブックメーカーなどが取得しているケースが多いです。
  • ② マルタ共和国
    マルタ政府が発行しているライセンスも取得が難しいことで有名であり、ジブラルタルと同様大手ブックメーカーが取得している事が多いです。こちらも信頼性の高いライセンスとなっています。
  • ③ オランダ領・キュラソー
    キュラソーライセンスは、最も古いオンラインギャンブルの規制当局が発行しているライセンスです。ライセンス取得後も定期的にキュラソー当局によって監査が入ります。ただし、キュラソーライセンスは現金と合法的なカジノを持っているなら、ほとんどが承認されるため、ライセンスの信頼度は低めです。
  • ④ フィリピン・カガヤン経済地区
    実は、フィリピンにはアジアで唯一ライセンスを付与する制度と仕組みがあります。しかし、適切な法の執行がなされているのか否かが怪しく、ライセンスもすぐに発行されるので信頼度はライセンスの中でもかなり低めに位置しています。

ブックメーカーの中には、ライセンスを取得せずサイトを運営しているサイトもありますが、例えライセンスを取得していても『キュラソー』や『フィリピン』など、信頼性がイマイチな場合は注意が必要です。

トラブルなくブックメーカーを楽しむならば『マルタ共和国』や『ジブラルタル』といった、信頼性のあるライセンスを取得しているブックメーカーがおすすめとなります。

・運営年数をチェック

ブックメーカーには、新興のサイトや80年以上運営している『ウィリアムヒル』などのサイトがあります。
勿論、運営年数の浅いブックメーカー全てが悪いわけではないですが、当然ながら実績や運営年数がしっかりとしている方が信頼性という面では望ましいです。

・クチコミが良好

今ではネットが発展し、ブックメーカーのクチコミも大変多くなりました。

そのため、実際に利用した方の意見を参考にできるので、ブックメーカーを利用したことのない新規のユーザーでも、ある程度情報を仕入れた後にアカウント開設を行う事が可能となっています。

また、「出金拒否」などを行っている悪質なブックメーカーは、クチコミで広がるケースも多いので要チェックです。

ただし、新興のブックメーカーはどうしてもクチコミ等の情報量が少なくなってしまうので、注意が必要となります。

ブックメーカーのレビューを見る

BT10のブックメーカーに対する評価基準を徹底解説!ここを見極めよう!

その反面、老舗ブックメーカーならば実際に利用したユーザーの意見も沢山仕入れることができるので、初めてブックメーカーを利用する方は、老舗ブックメーカーから始めることをおすすめします。

・信頼性の高いブックメーカー

ピナクルスポーツ-ブックメーカーの安全性

■ウィリアムヒル
1934年から運営している、世界でも有数のブックメーカーです。
『ジブラルタル』のライセンスを取得しているため、運営年数やライセンスの信頼性は抜群のブックメーカーとなっています。
また、日本語に完全対応しているため、日本人プレイヤーでも安心して遊ぶ事が可能です。

■BET365
ウィリアムヒルに運営年数は劣りますが、BET365も約17年ほど運用実績のあるブックメーカーです。
『ジブラルタル』のライセンスを取得しており、安全性という面ではトップクラスとなっています。
ただし「日本語に対応していない」という大きなデメリットがあります。

■ピナクルスポーツ
1998年にサービスを開始した、老舗ブックメーカーです。
取得しているライセンスは『キュラソー』ですが、かつてはアメリカの新聞社「ワシントンポスト紙」にて「歴史上、最大・最高のブックメーカー」と評された実績と信頼性を兼ね揃えています。
また、「アービトラージ」を認めている珍しいブックメーカーとなっていますので、ユーリティ性もかなり高めです。


Comments are closed.

Back to Top ↑