フランスがクロアチアを4-2で下し2度目のワールドカップ優勝!

フランス2度目のワールドカップ優勝!

フランス代表が15日ロシアで行われたFIFAロシアワールドカップ決勝でクロアチアに4-2で勝利し2度目のワールドカップ優勝を果たしました!結果

前半はクロアチアも互角の戦いをしていましたがやはり実力はフランスが上でした。

フランスが1点目をオウンゴールという形でしたが獲得してからは試合終了までフランスのペースで試合が行われ終わってみれば4-2というフランスの圧勝で優勝しました。

フランスは今大会若手を中心にチーム作りをして戦ってきました。
大会前からフランスが優勝するのではという声をたくさん聴くことが出来るくらいフランスの実力は知れ渡っていました。

こういう大きな大会は若手だけではやはり不安がある事もあるのですがフランスはその不安をものともせずに完璧な形でロシアワールドカップの王者になることが出来ました。

ただ対戦相手のクロアチアも決して悪い戦い方をしたわけではございません。(グループステージのゲーム
結果

モドリッチモドリッチを中心にボールを回しフランスゴールを脅かすシーンもありました。

ただやはりクロアチアは3回の延長戦を戦い抜き、実質フランスより時間でいえば1試合多く戦っていることもあり体力面での不安もありました。
ただそこは勝負の世界ですので言い訳にしかならないのはクロアチア代表も十分わかっていたと思います。

今大会はフランスが優勝という形で幕を閉じましたが我々日本代表の大活躍やドイツやアルゼンチン、スペインにブラジルといったワールドカップ優勝常連国の早期敗退、開催国ロシアの躍進など様々な記憶に残る場面や試合がたくさんありました。

毎回ワールドカップが終わった後に思うのが本当にワールドカップという大会は何が起こるか分からない!という事です。

ロシアワールドカップはこれにて閉会となりましたがここから次のワールドカップへの道が既にスタートしています。

これからはワールドカップで活躍した選手が所属するクラブや惜しくもワールドカップに参加できなかった選手達がプレイするサッカーリーグを見ながら次の大会までサッカーを楽しんでもらえたらなと思います。

Tags: , , ,


About the Author

はベッティングトップ10の編集者の一人です。長年のフリーランスウェブマスターとしての経験の後ベッティングトップ10の新しい部署を担当するために雇われることになりました。Benjyは歴史と地理の学士号を持っているものの一番の情熱はウェブサイトの構築とサッカー観戦にあるそうです。



Comments are closed.


Back to Top ↑