【フランス対クロアチア結果】豪雨の中乱打戦を制したのは…

フランス対クロアチア現地時間15日ロシアワールドカップ決勝戦が行われ、20年ぶり優勝目指すフランスと、初優勝狙うクロアチアが激突した


激しい点の取り合いとなったファイナル

グリーズマン

フランス・スタメン一フランスは、準決勝から1人もメンバー変更なしで、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、オリヴィエ・ジルー(チェルシー)等が先発に登場。

クロアチア代表対するクロアチアも、負傷が懸念されたイバン・ペリシッチ(インテル)をはじめ、ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)、イバン・ラキティッチ(バルセロナ)、マルセロ・ブロゾビッチ(インテル)等準決勝と全く同じ11人がスタメンに名を連ねた。


グリーズマン試合は17分に最初の動きを見せる。右サイドの深めの位置でフリーキックのチャンスを得たフランス。
グリーズマンが精度の高いボールを供給すると、これがマリオ・マンジュキッチのオウンゴールを誘ってフランスが先制ゴールを奪った。

イバン・ペリシッチしかし、クロアチアはすぐさま反撃。10分後、ペナルティエリア内の混戦からイバン・ペリシッチが左足シュートを決めて、試合を振り出しに戻した。

その後クロアチアに勢いが出るかと思われたが、34分にはビデオアシスタントレフェリーの助言を介してフランスがペナルティキックを獲得する。

グリーズマンここまで2度PKを決めているキッカーのグリーズマンが冷静に沈めて、フランスが勝ち越しに成功した。

後半に入ると、一方的なフランスペースで試合が進むことになる。58分には、キリがアン・ムバッペの飛び出しが起点となり、ポール・ポグバが強烈なシュートを決めて点差を二点に広げた。

ポール・ポグバ

さらに7分後、今度はムバッペが自ら豪快にミドルシュートを突き刺して4-1とした。

その後クロアチアもマンジュキッチがウーゴ・ロリスのミスを誘って1点返したものの、反撃はここまで…。

モドリッチ結果、フランスが4-2でクロアチアを下して1998年大会以来20年ぶり2度目のワールドカップ優勝を決めた。
尚、大会MVPには敗れたクロアチアからルカ・モドリッチが選出された。

フランスが20年ぶり2度目の優勝 W杯

フランスが20年ぶり2度目の優勝 W杯

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!
決勝トーナメント】【グループステージの結果
優勝国予想のオッズ】【もっとW杯のオッズ
Top10ブックメーカー一覧

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑