パリがムバッペ獲得に233億円を用意か 獲得合意間近という報道も…

・パリが18歳の新鋭獲得に向け233億円を準備
現地時間9日付のスコットランド紙『デイリーレコード』によると、パリ・サンジェルマンがキリアン・ムバッペの獲得に近づいているようだ。

バルセロナからネイマールを約289億円という破壊的な巨額マネーで獲得したパリ・サンジェルマン。これまでのフットボール史上最高金額となる移籍金でブラジルの至宝を獲得したばかりだが、次なるターゲットにモナコに所属するフランス代表のキリアン・ムバッペに触手を伸ばしているようだ。
さらに驚きなのがその移籍金で、なんと1億8000万ユーロ(約233億円)と報道されている。

かねてからセンターフォワードに得点力のある大型選手を欲しているパリ・サンジェルマンの会長ナセル・アル・ケライフィは、このムバッペ獲得計画をなんとしてでも実現させようと画策している。

現エースストライカーのウルグアイ代表エジソン・カヴァーニ、そしてネイマール、ムバッペという3トップを構築できれば、世界最強クラスのトリオが誕生することになる。と同時に、3人のトータル市場価値は4億5000万ユーロとこれまた世界ナンバーワンで破壊的な金額となる。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・パリ、レアル、シティによる争奪戦
これまでムバッペにはマンチェスター・シティ、レアル・マドリードといったメガクラブが獲得を狙っていたが、巨額な移籍金を欲するモナコの要求には何れのチームも応えきれずにいる。
223億円という大金を捻出することができるパリ・サンジェルマンは、そんな18歳の新鋭の獲得レースを大きくリードする格好となるだろう。この金額は、ネイマールに次いで高い移籍金となり、ティーンエージャーとしては文句なしの史上最高額となる。

この獲得レースの最大のライバルであるレアル・マドリードも、ウェールズ代表のギャレス・ベイルを売却してでもムバッペを獲得したいという意向を示しており、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督も昨季のチャンピオンズリーグで敗れたモナコからエースストライカーを獲得したいと目論んでいる。

一部報道によれば、レアル・マドリードもマンチェスター・シティも200億円前後の移籍金を用意しているともいわれているが、はたしてムバッペが新天地に選ぶのはどのチームなのか…。はたまたシーズン終了後に公言していたように、ワールドカップイヤーとなる来シーズンは、一先ずモナコに残留することを選択するのか。今後の去就に注目が集まる。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑