バロンドール候補者発表!ベイル、ポグバ、イニエスタ等は落選

・ベイル、ポグバ、イニエスタ等は落選
現地時間9日、フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が今年のバロンドールの候補者30名を発表した。候補者30名は以下の通り。

クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル)
イスコ(レアル・マドリー/スペイン)
エデン・アザール(チェルシー/ベルギー)
ラダメル・ファルカオ(モナコ/コロンビア)
エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ)
レオナルド・ボヌッチ(ACミラン/イタリア)
キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア)
パウロ・ディバラ(ユヴェントス/アルゼンチン)
ヌゴロ・カンテ(チェルシー/フランス)
ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ)
カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン)
ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スロベニア)
フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール/ブラジル)
マルセロ(レアル・マドリー/ブラジル)
ドリース・メルテンス(ナポリ/ベルギー)
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン/ポーランド)
ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド)
エディン・ジェコ(ローマ/ボスニア・ヘルツェゴビナ)
アントワーヌ・グリエズマン(アトレティコ・マドリー/フランス)
ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス/イタリア)
サディオ・マネ(リヴァプール/セネガル)
トニ・クロース(レアル・マドリー/ドイツ)
ネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
ピエール=エメリク・オーバメヤン(ボルシア・ドルトムント/ガボン)
マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

23名から30名に拡大された今年のバロンドール候補者には、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドや、バルセロナのリオネル・メッシ、今夏バルセロナからパリ・サンジェルマンへ移籍したネイマール、ユベントスの新10番パウロ・ディバラ等が順当に選出された。

一方で、バルセロナのアンドレス・イニエスタ、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバ、レアル・マドリードのギャレス・ベイルといったことのところ毎年ノミネートされていた選手らが落選したことが話題となっている。

2016年にはノミネートされていなかったパリ・サンジェルマン所属のキリアン・ムバッペや、レアル・マドリードのカリム・ベンゼマ、イスコ、チェルシーのエデン・アザール、ヌゴロ・カンテといった選手が代わりにノミネートされた。

世界ナンバーワンのフットボールプレイヤーに贈られるバロンドールは、年末に受賞者が発表される。チャンピオンズリーグ連覇の立役者であるポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドが大本命とされているが、各メディアがロナウドの受賞は揺るがないだろうという見解を示している模様だ。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑