バルセロナがコウチーニョと大筋合意?近日中に正式発表か

・コウチーニョ加入は時間の問題か
バルセロナは、パリ・サンジェルマンへ放出したブラジル代表ネイマールの後釜として、同じくブラジル代表の逸材、フィリペ・コウチーニョの獲得を目指している。一部の報道では、このブラジル人のバルセロナ加入は時間の問題だと伝えられている。

これまでのフットボール史上例を見ない2億2200万ユーロ(約284億円)という巨額マネーを受け取ってネイマールを放出したバルセロナ。ブラジル代表でも背番号10をつける男の代役を探すのは非常に困難なミッションだが、手にした大金を使ってなんとしてでも新たなスーパースターを獲得する必要がある。

そこで、かねてからバルセロナが白羽の矢を立てているのがコウチーニョだ。さらにその他フランス代表でアトレティコ・マドリード所属のアントワーヌ・グリーズマン、同じくフランス代表でモナコ所属のキリアン・ムバッペ、そしてドルトムント所属のウスマン・デンベレ、ベルギー代表でチェルシー所属のエデン・アザールといったスターたちをリストアップしているそうだ。

他にも、トッテナム・ホットスパーのデル・アリ、ユベントスのパウロ・ディバラもターゲット候補となっている。スペイン紙『アス』が行ったバルササポーターによる人気投票の結果では、ディバラ、グリーズマンが上位だったようだが、現段階でより移籍の現実味の高い選手はコウチーニョとデンベレということになる。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・クロップは放出を断固拒否
ネイマールが務めた左ウイングに加えて、インサイドハーフもそつなく高いクオリティを発揮するコウチーニョは、バルセロナの戦術にピッタリはまるかもしれない。しかし、リバプール指揮官のユルゲン・クロップは一貫して彼の放出を拒んでいる。

今夏ファン・ダイク、ケイタの獲得に失敗したリバプール、もし仮にチームの大黒柱であるコウチーニョまでバルセロナに引き抜かれるとなると、今度は来シーズン以降のクロップの慰留が困難になるかもしれない。

しかし肝心のコウチーニョ自身は、リバプール退団を希望している。現地メディアによれば、8月5日付けでバルセロナとリバプールが1億ユーロ(約128億円)+ボーナスの移籍金で合意に達したとも報道されている。
はたしてこの報道は現実のものとなるのだろうか、数日中にデンベレの動向含めて、大きな動きがあるかもしれない。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑