ハリル監督も視察に訪れたガンバ大阪とFC東京の戦評

第3節 ガンバ対FC東京の戦評

今節一番楽しみにしていたカード。ホームでまだ白星のないガンバ大阪が、吹田スタジアムに開幕2連勝のFC東京をむかえての試合。

まずは前半の立ち上がり早々にコーナーキックから長沢が打点の高いヘディングシュートで相手GKの林を脅かす。その後はお互い攻守の切り替え、メリハリがはっきりしていてなかなか見ごたえのある攻防が続きます。しばらくピリピリした感じで試合は進みましたが、23分、遠藤の左スペースへのピンポイントロングフィードがゲームを動かします。

正確無比なフィードにしっかり反応したアデミウソンがボールを受けてそのままDFを振り切りエリア内に強引に侵入。ペナルティエリア左の角度の厳しいところから右足を振りぬいて先制ゴールを決めます。ボールは右ポストに当たって跳ね返って入ったんで、ギリギリのコースを狙った感じでしたね。やっぱりアデミウソンはこういう難しいシュートを決めるのが巧い。

FC東京はほとんど決定機を作れず前半折り返し。とりわけガンバが優勢というわけではなかったんですが、後半の立ち上がりにガンバに追加点が入ります。倉田の強烈なミドルがポストを叩き、跳ね返ったボールが丸山に当たってオウンゴール。

その後大久保がPKのチャンスを掴むも、東口のスーパーセーブに阻まれて一点を返せず、最後に再びオウンゴールでガンバ大阪にゴールを与え万事休す。結果的にFC東京は全くといっていいほど良いところなしで、イージーミスも連発し0-3でガンバに大敗。

戦前の予想とは正反対の結果に

今季からは大久保が加入して、開幕連勝でノリにのっていた上に、中島が2戦ともキレキレだったということで、ガンバ的には厳しい試合になるんじゃないかなと予想していましたが、予想とは真逆の結果になりましたね。これでガンバの勝ち点は7でFC東京の勝ち点は6となりました。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

ハリルホジッチも視察に

この試合は日本代表監督のハリルホジッチさんも視察に来ていたようですが、おそらくガンバの長沢、東京の中島、林、それから太田、森重あたりのコンディションをチェックしに来たのかな?

最近ノってる長沢と中島は個人的に代表でもみてみたいなと思うけど、長沢に関しては今年29歳ってことでそんなに若くないんですよね。中島に関しても、ポジション的に清武、久保、原口、香川あたりと競争することになると考えるとまだ少し早いのかな?と思います。ただ、本大会までまだ1年以上あるんでどうなるかわかりませんよね。個人的に、最近パッとしない岡崎や大迫に代えてアントラーズの鈴木なんかもトップでみてみたいですね。

今回ハリルさんは国内組に誰を呼ぶのか楽しみですね!代表メンバー発表は16日予定です。

Jリーグ関連の他の記事を読む

Tags: , , , , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑