【ナイジェリア対アイスランド結果】ムサが2大会連続ゴール!

ムサ2発!ナイジェリアがGS突破に望み繋ぐ

アーメド・ムサ現地時間22日、ロシアワールドカップグループステージリーグD第二節が行われ、ナイジェリアとアイスランドが激突した

初戦でクロアチアに敗れて早くも後がないナイジェリアは、前回スタメンでエースのアレックス・イウォビ(アーセナル)を外して、代わりにケレチ・イヘアナチョ(レスター・シティ)を起用。
その他、アーメド・ムサ(レスター・シティ)、ビクター・モーゼス(チェルシー)等も初戦に続いて先発。

対して、初戦でアルゼンチンから勝ち点1をもぎ取る番狂わせを起こしたアイスランドも、初戦1ゴールのアルフレッド・フンンボガソン(アウクスブルク)、ギルフィ・シグルズソン(エバートン)等ベストメンバーが登場。

前半はアイスランドがやや主導権を握る展開となるが、決定的なチャンスを作るには至らない。一方のナイジェリアは、シュートを放つことさえできず、前半は大きな見せ場なくスコアレスのまま折り返し。

後半に入って試合は大きく動き出す。48分、アイスランドのロングスローを跳ね返したところから素早くカウンターを仕掛けたナイジェリア。

モーゼスが右サイドから正確なクロスを供給すると、ニアに走りこんでいたムサがめいっぱい足を伸ばして正確にトラップ。そのまま豪快にシュートを叩き込んで、ナイジェリアが先制に成功した。

頼れる男の2大会連続ゴールが生まれたそれ以降は、一方的にナイジェリアが試合を支配する展開に…。

すると、74分にはムサがまたしても絶妙なファーストタッチからスピードに乗ってドリブル。そのままゴールキーパーをも交わして冷静にゴールネットを揺らして追加点。

2点ビハインドとなって以降、ほとんどチャンスらしいチャンスを作れていなかったアイスランドだが、終盤にビデオアシスタントレフェリーの判定によってペナルティキックを獲得する。

キッカーは10番シグルズソン。誰もがゴールを確信したが、無情にもシュートはクロスバーの僅か上を越えていった。

結局試合はこのままタイムアップとなり、ナイジェリアが2-0でアイスランドを下した。最終節は、グループステージ突破をかけてアルゼンチンとの直接対決に挑む。

グループD

チーム
クロアチア
クロアチア
300+69
アルゼンチン
アルゼンチン
111-34
ナイジェリア
ナイジェリア
102-13
アイスランド
アイスランド
012-31

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑