ドルトムントにびっくり新戦力?人類最速の男がチーム練習に参加!?

・陸上競技からフットボーラーに転身?
短距離界人類最速の男でお馴染みのジャマイカ人ウサイン・ボルトは今年の8月に行われる世界陸上をもってして引退する。そんなボルトだが、陸上トラックを身を引いた後に、プロサッカー選手に転身する意思があるということを明かした。

かねてから大のフットボールファンであることを公言しているボルトだが、過去にはアレックス・ファーガソンが監督していたときのマンチェスター・ユナイテッドで練習に参加した経験もある。また、競技は異なるが、バスケットボール界のレジェンド、マイケル・ジョーダンがホワイト・ソックスの練習に参加したなんて例も過去にあった。

・人類最速の男が香川の同僚に?
先日母国ジャマイカでのラストランを飾り、チェコのオストラヴァで行われた「ゴールデン・スパイク」に参加したボルトは、記者会見にてこのように語っている。

「すでにチームと約束はしてある。僕はボルシア・ドルトムントで練習を行う予定だよ。まずは練習をしてからその後のことを決めようではないか。もし練習で好感触がつかめたら、僕はドルトムントの一員としてシーズンを戦いたいという意志をチームに伝えるつもりさ。難しそうなら黙ってるよ。」

と、日本代表の香川真司が所属するドイツ1部のボルシア・ドルトムントの練習に参加することを公言した。スポンサー上の関係もあって、なんとか練習参加までこぎつけることに成功した世界最速の男。
昨シーズンまで監督を務めていたトーマス・トゥヘルとは口頭合意していたことも知られていたが、トゥヘルが去った今その夢の実現は事実上白紙になったものだと思われていた。しかし、今回のボルトの発言を聞くと、どうやらこの話は非常に現実味のある話のようだ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・仮にチームの一員となった場合開幕戦は間に合わない?
ここまで来ると、どこまでが「本気」で、どこまでが「ジャマイカンジョーク」なのかさえわからないが、ドルトムントは寛容な姿勢でボルトの申し出を受け入れたようだ。
ちなみに、ボルトが出場する世界陸上は8月に開催されるため、仮にドルトムントの一員となってシーズンを戦うことになると、8月18日に開幕するブンデスリーガには少々出遅れる格好となる。

本人も話している通り、まずは練習でどれだけできるのかがポイントになってくるが、ジャマイカユニフォームと同じカラーのドルトムントユニフォームをまとってシグナル・イドゥナパルクで汗を流すウサイン・ボルトを一目見たいと願うファンは多いのではないだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑