ドルトムントが香川真司と2020年まで契約延長か!発表秒読みと報道

・ドルトムントと契約延長か
日本代表の10番香川真司は、所属クラブのボルシア・ドルトムントと新たに3年間の契約延長をすることを決めたようだ。
ドルトムントでの現行契約では、2018年までとなっている香川だが、ミヒャエル・ツォルクスポーツディレクターは、この日本代表のエースとの契約延長をかねてから望んでいたようだ。ドイツ紙「ビルト」によれば、ツォルクスはこのように語っているという。

「言わずもがな、我々はシンジとの契約延長を望んでいた。彼は日本からここへやってきて以来印象的な結果を残してきたからね。そして、いつもゲームに違いを生み出してくれる。最近は、プレッシャーを感じながらも高いパフォーマンスが発揮できるようにもなってきた。」

加えて同紙は、魔法使いという愛称でも親しまれている香川のこれまでのキャリアについても掲載。2シーズンプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに在籍したものの、これまでドルトムントでの公式戦で181試合に出場し、54得点43アシストを記録しているそうだ。こうして数字で見てみると、やはり大きな結果を残していることが分かる。
そんな香川とは、2020年までの新契約で合意したとし、8月中旬に迫るブンデスリーガ開幕戦までには正式発表される見通しだ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・ドルトムント来日時に正式発表か?
また、6月のシリア戦で左肩を脱臼し長期離脱を余儀なくされている香川だが、ツォルクスはこの負傷状況について、「医師たちが確認した結果、シンジには手術をせずに温存療法で治療を進めることを決めた。現在東京でリハビリを続けているが、我々はアジアツアーの途中でシンジを拾う予定だよ」と言及。

ここまではビルトの報道だが、一方の「キッカー紙」は、ドルトムントが来日した際に香川との契約延長が発表されるのではないか?と予想しているようだ。日本代表のエースが、自身の国でドルトムントとの契約延長を発表すれば、より大きな注目が受けられるという見解を示している。

いづれにせよ、もうしばらくの間ブンデスリーガで黄色いユニフォームに袖を通す香川が見られるというのは、日本のファンにとってこの上ない喜びとなるに違いない。今シーズンはポカールを制覇したが、来シーズンはマイスターシャーレ、あわよくばビッグイヤーを掲げる姿を拝みたいものだ。そして、香川がドルトムントで新のレジェンドになることを願う!

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑