ドルトムントがヴィツェル獲得を発表!気になる移籍金は?

26億円の4年契約でヴィッツェル獲得

アクセル・ヴィッツェル現地時間6日、ボルシア・ドルトムントは中国リーグ天津権健に所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィッツェルを獲得したことを正式発表した。

契約期間は、2022年6月までの4年契約となっているようで、移籍金は2000万ユーロ(約26億円)で成立した模様だ。また、アクセル・ヴィッツェルは既にボルシア・ドルトムントでメディカルチェックをパスしているようで、チームの練習に参加している。

念願のヨーロッパ復帰が叶ったアクセル・ヴィッツェル。ボルシア・ドルトムントの公式ホームページで、このように喜びの丈を語った。

「ロシアワールドカップが終わってから、中国リーグからヨーロッパのリーグに移ることが僕の希望だった。もう間もなくボルシア・ドルトムントで試合に出られることをうれしく思う。ドルトムントは、僕にとって最高のクラブのひとつで、初めてドルトムントの関係者と話をした時点でもう僕の答えは決まっていた。」

最後にヴィッツェルは、「8万人の大観衆の前でプレーできることが本当に待ちきれない。」と語った。ベルギーのスタープレイヤーは、世界最高峰の規模を誇るシグナル・イドゥナ・パルクでのプレーを心待ちにしているようだ。

加えてヴィッツェルは、自身の公式ソーシャルネットワークサービスのアカウントを更新し、「この新たなチャレンジに挑戦できることに興奮している。新たなシーズンのはじまりだ」と喜びを爆発させた。

ヴァイグルに代わる実績豊富なアンカー

現在29歳のアクセル・ヴィッツェルは、2006年に母国リーグのジュピラー・プロリーグの名門スタンダール・リエージュでプロキャリアをスタートさせると、その後ポルトガル・プリメイラリーガのベンフィカ、ロシアリーグのゼニト・サンクトペテルブルクを経て、中国の天津権健へと移った。

ベルギー代表としても通算96試合に出場し、ブラジルワールドカップ、ロシアワールドカップと大舞台も経験。
ドルトムントとしては、負傷がちのユリアン・ヴァイグルに代わる実績豊富なアンカーを確保することに成功した。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑