ドルトムントがシェフチェンコ2世を獲得!ヤルモレンコ加入決定

・ドルトムントがヤルモレンコ獲得!
現地時間28日、日本代表香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、ディナモ・キエフからウクライナ代表のストライカー、アンドリー・ヤルモレンコを獲得したことを正式に発表した。

その契約期間は、2021年6月30日までの4年間となった。
ウクライナの年代別代表で常に中心選手として活躍したヤルモレンコも現在27歳。2009年にウクライナA代表デビューを果たすと、以来69試合に出場し29得点マークした。クラブでは、2007年から母国ウクライナリーグのディナモ・キエフでプレーし、公式戦通算339試合に出場して137得点をマークした実力者だ。

ウクライナのスーパースターに対してドルトムントの公式サイトは、「身長188㎝とサイズが大きいことに加え、テクニックとスピードを兼ね備えるアンドリーは、ゴール前で大きな脅威となること間違いないだろう。2013年から2015年までの3年間はウクライナ年間最優秀選手に輝いている。」と紹介した。

また、背番号はこれまでトルコ代表のエムレ・モルが着けていた「9」を背負うことが決定している。一方これまでエースナンバーを背負ってきたエムレ・モルは、スペインセルタへの移籍が濃厚となっているようだ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・デンベレ放出から3日後に補強
今回ドルトムントというビッグクラブへのステップアップが実現したヤルモレンコは、「これまでずっとヨーロッパのビッグクラブでプレーすることを夢見てきた。そんな夢を叶えさせてくれたディナモ・キエフには心から感謝している。」とチームに感謝を述べるとともに、「ドルトムントを可能な限り高いレベルへ引き上げられるようにあらゆるトレーニングで死力を尽くす。今はそれが一番重要だと感じているよ。」とこれからの抱負を語った。

チームのエースナンバーを託されることになった「アンドリュー・シェフチェンコの正当後継者」の呼び声高いアンドリー・ヤルモレンコ。はたして自身が話す通り、ドルトムントの攻撃陣をもう1レベル、2レベル上に引き上げることができるだろうか。ウクライナ人の初のビッククラブ挑戦に注目が集まる。

ドルトムントは25日にフランス代表のウィンガー、ウスマン・デンベレをバルセロナへ売却し巨額のマネーを手に入れたが、その3日後に、なんとか無事攻撃陣の補強を行うことに成功。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑