ドリンクウォーターまでチェルシーに奪われる?既に交渉は大詰め段階へ

・ドリンクウォーターがチェルシーへ移籍?
レスター・シティに所属するイングランド代表のダニー・ドリンクウォーターが、チェルシーへの移籍を希望しているそうだ。5日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

同メディアによれば、既にドリンクウォーターはクラブに対してチェルシー移籍の意向を伝えているとのことだが、この27歳のボランチ獲得に向けてチェルシーサイドも本腰を入れようとしているそうだ。

一昨年のプレミアリーグを制覇したレスターだが、その当時のチームの大黒柱であったフランス代表のスゴロ・カンテを引き抜いたことで、昨シーズンチェルシーは再びプレミアリーグを制覇することができた。と言ってしまって差し支えないくらい、カンテはチェルシーのプレミアリーグ制覇に大きく貢献している。

そうした経緯もあるため、チェルシーのレスターの中盤選手に対しての期待度は高く、とくに指揮官のアントニオ・コンテがドリンクウォーターの戦術的な頭の良さやハードワークに太鼓判を押している様子。コンテが彼との契約を強く望んでいることも相まって、この移籍話は急ピッチで進められているようだ。
チェルシーは今夏中にドリンクウォーターの獲得に向けて大きな動きを見せることが想定される。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・レスターは交渉に後ろ向き
ただ、一方のレスター・シティの方は、プレミアリーグ制覇の立役者であるカンテとドリンクウォーターを立て続けに同じチームへ放出することに否定的な姿勢を示しているようだ。
昨シーズンのカンテの活躍を見れば、誰だってそう思うに違いない。カンテとドリンクウォーター両選手の流出は、プレミア奪還を目指すレスターになってこの上ない痛手となるに違いない。場合によっては、真骨頂であるハードワークサッカーのシステムそのものが機能しなくなる可能性もある。

昨日、レスターはボルシア・メンヘングラードバッハとのテストマッチを行ったが、この試合ドリンクウォーターはベンチにも入っていなかった。もうすでにこのイングランド代表MFは、レスターを去る準備を始めているのかもしれない。

優勝シーズンは全38試合中35試合に出場して2得点をマークしたドリンクウォーター。もはやチームの心臓ともいえる彼を失うことは致命的だ。しかし、この問題を避けて通ることは難しいかもしれない…。尚のこと、今夏セビージャから新加入したイボーラへの期待が大きくなった。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑