ドイツとチェコの一戦は最後にドラマが…W杯欧州予選

・ドイツ×チェコ試合結果
現地時間1日、ロシアワールドカップヨーロッパ予選が各地で行われ、グループCに所属するチェコ代表とドイツ代表が激突した。

この日一番の注目を集めたこの試合、グループ無敗で首位に立つドイツは、先日のコンフェレデレーションズカップを制覇した面子に加えて、レアル・マドリードのトニ・クロース、アーセナルのメスト・エジル、バイエルン・ミュンヘンのトーマス・ミュラー、マッツォ・フンメルス等といったビッグネームが先発に名を連ねた。

試合はキックオフ早々に動く。3分、チェコ陣内でパスを受けたエジルがドリブルを開始すると、フリーでいたティモ・ベルナーへラストパス。キーパーと一対一になったベルナーがこの決定機を確実に決めて、アウェーのドイツが幸先よく先制に成功した。

その後は両チームゴールを奪うことができず1-0ドイツリードで前半を折り返す。
劣勢ながらも反撃に出たいチェコは、78分に試合を振り出しに戻すことに成功。ヤクブ・ヤンクトからのラストパスを受けたウラジミール・ダリダが、ミドルレンジから思いっきりシュート。この強烈なミドルはテア・シュテーゲンの手をすり抜けてゴール右隅へ突き刺さった。
起死回生の同点ゴールを奪ったチェコに、ここからより一層の勢いが乗っかるかと思われた試合終盤だったが、世界王者ドイツがこのまま黙っているはずが無かった。87分、ゴール正面でフリーキックを得ると、これをトニ・クロースが蹴る。そのボールにフンメルスが巧みに頭で合わせてドイツが土壇場で勝ち越しに成功した。

試合はこのままタイムアップ。結果、首位ドイツが2-1で3位のチェコを退けた。2位の北アイルランドは最下位サンマリノ相手に確実に勝ち点3をものにし、勝ち点を16に伸ばしたため、勝ち点9で3位に甘んじるチェコは、今回の敗戦でワールドカップ出場が一気に遠のいてしまった。

尚、今日はヨーロッパ予選第7節最大のビッグマッチ、イタリア×スペインの天王山が行われる。勝ち点16で並ぶ両者にとって、今予選最大の山場となる一戦だが、どちらのチームが勝利するのだろうか。世界中の注目が集まる。その他ギャレス・ベイル擁するウェールズ対ダビド・アラバ擁するオーストリア、ヤルモレンコ擁するウクライナ対ハカン・チャルハノール擁するトルコといった試合も注目だ。

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑