トーマス加入でFWが8人になったレスター 今後の人員整理はあるのか

・フォワードがこれで8人に
現地時間8日、レスター・シティはイングランド3部コベントリー・シティから若きフォワードジョージ・トーマスを獲得したことを発表した。今回のトーマス加入により、レスターが抱えるフォワードはトータル8人となった。
1チームあたりの最前線アタッカーの人数としては人員過多であるため、今後8月31日のマーケット終了までに人員整理を行うかもしれない。

今夏はとにかくフォワードが増えたレスター・シティ。ジョージ・トーマスの他に、イプスウィッチ・タウンからトム・ローレンスがレンタルバックしたきたことに加え、先日マンチェスター・シティからケレチ・イヘアナチョを獲得したばかりだ。

加えて、今夏の退団が濃厚とされていたイングランド代表のジェイミー・バーディはチームに残留し、日本代表の岡崎慎司、ナイジェリア代表のアーメド・ムサ、アルジェリア代表のイスラム・スリマニ、レオナルド・ウジョアといった選手も昨シーズンに引き続いてチームに残っている。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・人員整理で1~2人売却する可能性も?
そんな中、移籍マーケット終了までに、この過剰戦力となったフォワード群から、1~2名売却されることが想定される。中でも昨季チャンピオンシップで34試合に出場し9ゴール11アシストをマークしたローレンスに対しては、ダービー・カウンティ、ブライトンなど複数クラブから獲得オファーが届いていたものの、レスター・シティがこれを拒否した模様だ。

とは言え、退団濃厚と目されていたウジョア、バーディに関しても移籍の音沙汰が皆無だ。まだマーケット終了まで20日以上残っているため、この後他クラブが本格的に獲得交渉に乗り出すことも考えられる。

さて、岡崎に関しても移籍の話は一切挙がっていない。それどころか、複数のイギリス紙はアーセナルとのプレミアリーグ開幕戦にスタメン起用されるだろうと予想している。ここは新加入のイヘアナチョが負傷離脱したこともポイントになっているだろう。

昨シーズンの序盤戦はラニエリの元でポジションを確保することに苦しんだが、成績不振から指揮官がシェイクスピアに変わって以降はスタメンを取り戻した岡崎。
次々と新たなライバルが加入した今夏だが、それでも岡崎はスタメンを堅持することができるだろうか。今後のレスターの動向にも注目だ。

他の記事を読む

Tags: , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑