『テニス』にお金を賭け試合を熱く観戦する方法を徹底解説!

テニス-ATP
ブックメーカーを利用しテニスの試合にベットすれば、普段の何倍も試合観戦が盛り上がります!
テニスにベッティング ↓

テニスの魅力を紹介

テニスの魅力を紹介

日本ではあまりプロスポーツとして取り上げられる機会の少ないテニスですが、人気のスポーツであることは間違いありません。

事実、日本国内だけでもテニス人口は約439万人にものぼるといわれています。

ここでは、そんなテニスの魅力についてご紹介していきます。

『テニスの魅力』

  1. ① 桁違いのプロのテクニック
    プロの試合を観戦した際に最初に驚くのは、そのレベルの高さにあります。
    試合中見せる決して真似できないような沢山のテクニックは、見ている人を魅了します。
    特に、世界ランク上位の選手の試合は圧巻です。
  2. ② むき出しの選手の感情にも注目
    テニスを観戦していると、どんな強い選手でも「勝ちたい」という気持ちを前面に出してプレーしている事が分かります。
    数あるスポーツの中で、これほどまでにそれを感じ取ることができるのはテニスだけであるといえます。
  3. ③ 4大大会で熱く盛り上がる
    テニスには「全仏オープン」「全豪オープン」「ウィンブルドン(全英オープン)」「全米オープン」があります。
    これらの大会を全て制した選手は『グランドスラム』と称され、数多くのトップ選手が参加します。
    どれも非常にハイレベルな大会であるため、観戦者も熱く盛り上がれるのです。

世界大会でも活躍する日本選手

サッカーや野球などと比較すると、どうしてもメディアで取り上げられる機会が少なくなってしまうテニスですが、実際に世界で活躍する日本人選手は多くいます。

まず、近年で言えば男子テニスプレイヤー『錦織圭』が挙げられるでしょう。
錦織選手は世界大会で活躍するほどの実力者であり、リオデジャネイロ・オリンピックでは熊谷一弥以来となる日本勢96年ぶりの銅メダルを獲得する偉業を成し遂げました。

また、全米オープンで世界ランク1位の『ジョコビッチ』に勝利し、日本人初の4大大会シングルス決勝進出を決めるなど、沢山の記録を所有しています。
そして、男子だけでなく女子も負けていません。
最近では『大板なおみ』が、元世界一位の『M・シャラポワ』を下すなどの快挙を成し遂げています。

これらの選手を応援するだけでも、テニスは十分楽しめます。

テニスの試合に対しお金を賭ける方法

日本には「テニス日本リーグ」がありますが、実業団によるリーグであるため当然ながらお金を賭けることは不可能です。

しかし、海外で開催されるテニスの大会にはお金を賭ける事ができる方法があります。
それは『ブックメーカー』を利用して賭ける方法です。
ブックメーカーではテニスはもちろんのこと、サッカーやバスケ、野球、スポーツ以外では政治など、様々な事を賭けの対象としており、その場を顧客に提供しています。
また、ブックメーカーは海外の会社ですが、インターネットを通じて日本からでもベットする事が可能です。

前述の通り、テニスには4大大会を含む多くの大会が開催されており、ブックメーカーを利用すればそれらに参加するプレイヤーにベットしながら試合を観戦する事が可能となります。
自分が応援しているプレイヤーにベットした上でライブ観戦すれば、今まで以上にドキドキした試合観戦が楽しめるでしょう。

豊富なベット方法もブックメーカーの魅力

テニスにベッティング
(画像出典:ウィリアムヒル【William Hill】)

ブックメーカーでは、多くのベット方法を設けています。
たとえば、どの選手が勝利するかの賭けはもちろん「第一セットを先取するのはどちらの選手か?」「試合での合計セット数」「ハンディキャップベッティング」など、そのベット方法はかなり豊富です。
選択肢多いのは、顧客にとって嬉しいメリットであるといえるでしょう。

ブックメーカーの脅威の還元率

日本ではあまり馴染みないブックメーカーですが、世界には多くの人々がブックメーカーを通じて賭けを楽しんでいます。

では、なぜブックメーカーは多くの方に利用されているのか。それは、ブックメーカーの還元率が大きく関係しています。
ブックメーカーの還元率は約95~98%となっており、これはかなりの高還元率である事が分かります。
仮に1万円分ベットしても、統計上は顧客の下へ9,500円~9,800円が返って来る計算です。

日本の代表的なギャンブルである競馬の還元率は75%、宝くじに至っては約40%となっていますので、比較するとブックメーカーの還元率の凄さがわかります。

登録も簡単なブックメーカーですので、この機会にブックメーカーを通じてテニスの試合にベットしてみませんか?


Comments are closed.


Back to Top ↑