チャンピオンズリーグ

◽ 欧州チャンピオンズリーグ

チャンピオンズリーグ欧州チャンピオンズリーグとは、ヨーロッパサッカーの最高峰の大会であり、開催時にはヨーロッパのみならず全世界が注目しています。
毎年9月から予選リーグが始まり、決勝トーナメントと行なっていき、5月には決勝戦が行なわれ優勝チームが決定します。

ヨーロッパで活躍する世界のトップチームがこの舞台で優勝することを目標としており、名門と呼ばれるチームでも優勝経験の無いチームも多いです。欧州チャンピオンズリーグでは毎年1回その年の欧州最強チームを争っています。

最新ニュース

◽ チャンピオンズリーグの始まりと歴史

チャンピオンズリーグが始まったのは1955年、最初はユーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ(European Champion Clubs’ Cup、略してEuropean Cup)という名称で始まりました。

レアルマドリード

実は、この約7年前に行なわれた「南米クラブ選手権」が成功したことが大きなきっかけとなっており、これに影響を受けたフランスのスポーツ誌レキップの記者・編集者だったガブリエル・アノが提案し、UEFAが可決したことにより実現。
初年度はスペインのクラブチーム『レアルマドリード』の優勝で歴史の幕が開かれました。

Top10ブックメーカー一覧

◽ トップ5優勝チーム の紹介

  • ① レアルマドリード
    レアルマドリードスペインのリーガ・エスパニョーラに所属するクラブチーム。
    世界的にも知名度の高いクラブチームであり、チャンピオンズリーグが設立から5連覇した経歴を持つトップチームです。
    多くのスター選手が在籍することから「銀河系集団」と称されることもあります。
    2017年現在、『カリム・ベンゼマ』『ガラス・ベイル』『クリスティアーノ・ロナウド』からなる3トップ、『BBC』が得点を量産中です。
  • ② ミラン
    ミランミランはイタリアのプロリーグに属するクラブチームであり世界的に「名門」と呼ばれているチームでもあります。
    近年ではリーグでの成績等が下降気味であり、チャンピオンズリーグへの出場権を中々獲得できていませんが、2017年シーズンでは大幅補強が実り成績が向上しています。
    チャンピオンズリーグでは、1962年に初優勝を飾り、通算7回の優勝経歴があります。
  • ③ バイエルン・ミュンヘン
    バイエルン・ミュンヘンバイエルン・ミュンヘンはドイツのプロリーグ、ブンデスリーガに所属するチームです。
    チャンピオンズリーグでの通算優勝回数は5回となっており、ドイツ国内のチームでは最多優勝となっています。
    また、国内では頭一つ抜けた強さを誇っており、2013年には以上初の国内主要タイトル3冠を達成しました。
  • ④ バルセロナ
    バルセロナスペインのリーガ・エスパニョーラに所属するクラブチーム。
    リオネル・メッシが所属していることで有名なクラブチームであり、毎年世界的トップリーグであるリーガ・エスパニョーラでレアルマドリードと優勝争いを演じています。
    チャンピオンズリーグでの初優勝は1991年ですが、2017年現在通算5度の優勝を誇っています。
  • ⑤ リヴァプール
    リヴァプールリヴァプールは、イギリスのプレミアリーグに所属しているクラブチームです。
    チャンピオンズリーグでの実績は、1976年に初優勝、通算5勝の経歴を持っています。
    また、プレミアリーグの優勝回数でもマンチェスターユナイテッドに続いて2番目の優勝回数を誇っています。

◽ 「Cristiano Ronaldo」チャンピオンズリーグで真価を発揮するクリスティアーノ・ロナウド

チャンピオンズリーグで真価を発揮するクリスティアーノ・ロナウド

2017年のチャンピオンズリーグは、スペイン勢である「レアルマドリード」の優勝で幕を閉じました。
特筆すべきは、何と言っても得点王に輝いた『クリスティアーノ・ロナウド』です。

マンチェスター・U時代に初めてチャンピオンズリーグの得点王に輝いたロナウドですが、今大会で獲得した得点王を含めると実に6回目、5年連続でチャンピオンズリーグの得点王に輝いているのです。

チャンピオンズリーグいう世界最高峰の大舞台で輝き続けるロナウドは、まさに圧巻といえるでしょう。

◽ プレミア勢の逆襲

UEFAチャンピオンズリーグは、ヨーロッパ圏内のクラブチームを対象に行われる大会です。
しかし、近年ではスペイン勢の躍進が凄く、イングランド勢は準決勝にすら残れていません。

また、それにはプレミアリーグの過密日程や戦力差の均衡などが上げられ、決してイングランド勢の戦力が低いというわけではありません。
そんなイングランド勢ですが、2017-18年度のチャンピオンズリーグでは好調を保っています。

『チェルシー』や『マンチェスター・U』『マンチェスターC』『トッテナム』などが、揃って予選を連勝にてスタートを切っているのです。
2012-13シーズンにチェルシーが優勝して以来イングランド勢はチャンピオンズリーグを優勝できていませんが、今期こそプレミアファンのためにも反撃の狼煙を上げてもらいたいところです。

◽ トップ5得点王のご紹介

チャンピオンズリーグでは、毎年沢山のスーパーゴールが量産されます。
そこで、今現在のチャンピオンズリーグ通算得点ランキングトップ5選手をご紹介します。

  • 得点ランキング位: ロナウド(94点)
    ロナウドはポルトガル代表の選手であり、通算5度得点王を受賞しています。
    また、過去4シーズン連続で得点王のタイトルを獲得中です。
    ロナウド
  • 得点ランキング位: メッシ(83点)
    メッシはアルゼンチン代表の選手であり、通算5度の得点王を受賞しています。
    2008年~2012年までの大会で4年連続得点王を受賞している経歴も持っています。
    メッシ
  • 得点ランキング位: ラウル(71点)
    ラウルは元スペイン代表の選手です。通算受賞回数は1回ですが総得点では歴代3位となっています
    ラウル
  • 得点ランキング位: ルート・ファン・ニステルローイ(56点)
    ルート・ファン・ニステルローイは元オランダ代表の選手です。通算受賞回数は3回となっており、2001年~2002年までの大会で2年連続の受賞を受けています。
    ルート・ファン・ニステルローイ
  • 得点ランキング位: ティエリ・アンリ(50点)
    ティエリ・アンリは元フランス代表の選手であり、得点王の受賞歴はありませんが通算50ゴールを決めています。
    ティエリ・アンリ

◽ 胸スポンサーとオンラインベッティング会社

チャンピオンズリーグは世界規模の大会ですので、経済効果も注目度も非常に高いものがあります。
そのため、チームの胸スポンサーである企業にとっては非常に高い広告効果も期待されるのです。
チャンピオンズリーグにベッティング

また、最近ではオンラインベッティング会社がチャンピオンズリーグで本選に出場できるほどのチームの胸スポンサーになることも珍しくないですが、これはオンラインベッティング会社がヨーロッパ市場で信頼と実績を勝ち取ってきた結果ともいえるでしょう。
例えば、レアルマドリードのスポンサーである「bwin」やリヴァプールのスポンサーである「BETVICOR」クリスタルパレスのスポンサーである「M88」などおおくのオンラインベッティング会社がビッククラブのスポンサーとして採用されています。
ほんの少し前までは、ブックメーカーというだけで批判の的にされていた時期もありましたが、今ではそのような事実もありません。
これからの、ヨーロッパでのオンラインベッティング会社の更なる躍進を期待しましょう。

Top10ブックメーカー一覧


Comments are closed.

Back to Top ↑